ヒンドゥー教の最近のブログ記事

インド

| コメント(0) | トラックバック(0)
●インドの結婚式は足掛け一週間

インドの概要

インドの正式名称はインド共和国で、10億人を超える国民は多様な民族、言語、宗教によって構成されています。

宗教的には、ヒンドゥー教徒が最も多いため、それによって定められた「カースト制度(身分制度)」の影響が現在も色濃く残っています。
ヒンドゥー教徒の次に多いのがイスラム教徒で、それに、キリスト教、シク教、仏教などの信仰を持っている人たちがいます。


披露宴会場まで、パレードする

インドでは結婚式の前に披露宴が行なわれます。
始まる時間は深夜ですが、発電源を積んだトラックが先頭になり、自宅から披露宴会場までを練り歩く行列を取り囲みます。
その後ろからは、マーチングバンドが大音量で演奏しながら続きます。
その時、新郎は、マハラージャの衣装に身を包み、先頭付近で白馬に跨っています。

披露宴会場に着くと、ノンストップで、新郎・新婦を含めた老若男女がダンスを踊り続けます。
今ではそれほど多くないようですが、屋根からお金を撒いて結婚を祝うこともあるようです。


深夜に行なわれる結婚式

披露宴が終了すると、夜中に親族や親戚だけが残り、屋外で僧侶を待ちます。
お坊さんが来ると、ヒンドゥーの一節を読み、新郎・新婦の額に赤い染料と米を付けます。
これには、「食べ物に困らないように」と言う祈りが込められています。

式が終了すると、親族、親戚が集まって会食します。
この時に、新郎と新婦は互いにご飯を食べさせ合う儀式を行ないます。

ほぼ徹夜状態で行なわれる披露宴と結婚式ですが、この後にも、新郎のターメリックの儀式や、
女性の親族だけが集まって行なうダンスパーティーなどがあり、この一週間の様子は全て録画・編集され保存されるそうです。


●モーリシャスの結婚式

モーリシャスの変わった結婚式

世界には実に様々な結婚式があります。
文化や宗教が変われば、風習も変わり、結婚式も変わります。
モーリシャスもそうした日本から見れば、変わった結婚式を行う国になります。

モーリシャスはインド系が半数以上を占める国で、ヒンドゥ教が約半数という国になります。
そのため、結婚式もヒンドゥ教に則って行われることが多くあります。
ヒンドゥ教の結婚は非常にしきたりなどの多いことでも知られています。

ヒンドゥ教と聞いて、まず、誰もが知っているであろう制度がカースト制度になります。
身分の違う者同士の結婚は認められないと言うのがヒンドゥ教の結婚になります。
また、かつては幼女婚などもあったようで、ヒンドゥ教では女性は12歳から結婚をするという慣わしもありました。
ただし、現在では法改正もあって、最低結婚年齢は18歳に引き上げられたようです。


世界でも珍しいヒンドゥ式の結婚式

モーリシャスの結婚式もそうしたヒンドゥ教の慣わしに則ったものになりますので、宗教的な雰囲気が強くなります。
伝統的な楽器の演奏を行い、司祭と思しき方が祈りを捧げます。
司祭の祈りと共に楽器が鳴らされるため、雰囲気としてはある種異様なものを感じるかもしれません。

司祭の祈りと太鼓、笛の演奏が続けられる中、新郎新婦の座する舞台の上では明かりが灯され、一層宗教色が強くなっていきます。
キリスト式でもイスラム式でもないヒンドゥ式の結婚式は世界でも珍しいものになります。


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちヒンドゥー教カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはその他です。

次のカテゴリは仏教です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

  • 地図から探す
  • 宗教圏から探す
  • アカサタナ順で探す

ページの先頭へ