その他の最近のブログ記事

●中央アフリカ一夫多妻制度の結婚

中央アフリカの国の概要

中央アフリカは、アフリカのほぼ中央に位置する共和国で、首都はバンギです。
バンギ系の言語を話す民族が中心の国家で、公用語はフランス語になっています。

中央アフリカの宗教は、伝統的宗教が約24%、プロテスタントが約25%、カトリックが約25%、イスラム教が約15%、その他が残りとなります。


アフリカに多い一夫多妻

中央アフリカの結婚式は宗教や民族によってかなり異なりますが、都会の地域では少なくなってきたものの、
地方の方へ行くと、一夫多妻制の結婚の形式をとっていることがよくあります。

アフリカの一夫多妻制は、それぞれの部族の習慣である場合もあるし、宗教的なものである場合もありますが、
アフリカ型の一夫多妻制の場合、同じ家に住んでいるのではなく奥さんと子供は、1軒屋を与えられ、
夫がその家々を周るということが多いようです。

ですので、裕福な人でないと一夫多妻制をすることはできません。
複数の妻と結婚する夫は、それぞれの生活の援助をしなくてはならないからです。


一夫多妻の結婚式

一夫多妻制の結婚式では、それぞれの民族や部族の結婚式を、それぞれの妻と行います。
儀式の後に、部族の踊りなどを行うことも中央アフリカの結婚式では多く見られ一夫多妻制の結婚式でも
夫と妻が踊る、ということもあるようです。

このような一夫多妻の結婚式では、その他の妻が参加することも常識になっています。

決して日本人が想像しているようにつかみ合いのケンカをするようなことはないと思いますが、
夫がふがいない場合はこの限りではありません。


腹違いでも仲がいい子供たち

イスラム的な一夫多妻の場合もそうですが、アフリカの一夫多妻でも腹違いの子供たちは仲が良かったり、
何かあった時は、それぞれの妻同士が協力し合うことも多いようです。

例えば、中央アフリカの部族の有力者で一夫多妻の場合、広い土地で妻たちも農作業などをしていることがあります。
子供が大きくなれば、子供たちも農作業を自然に手伝うのですが、皆、家族、という意識が強いので
色々な仕事面でも助け合うことがあります。

このような関係を築き、妻同士を仲良くさせられるのが良い一夫多妻の夫、ということになります。


日本でも以前は一夫多妻があった

今の日本では考えられない制度ですが、日本でも明治初めまでは一夫多妻も認められていたので、
決して節操のない制度ということではありません。大奥がその典型ですね。

有力でお金を持っている男の人は、アフリカでもイスラムでも日本でも自分の子孫を多く残したいと言う、一種の本能なのかもしれません。
現在では日本で一夫多妻は法律で認められていませんが、その昔は側室を置くなどして、中央アフリカの結婚を思わせる状況だったこともあります。

ただ、おそらくアフリカの考え方では、村人も、複数の妻も、腹違いの子供も大事な家族に変わりないということなのでしょう。
おおらかなアフリカだからこそ、細かいことより効率的な制度をやっていけるのかもしれません。




ロシア

| コメント(0) | トラックバック(0)
●ロシアの結婚式

ロシアの結婚式は役所で行われる

ロシアと言えば、いわずと知れた大国になります。
アメリカに並んで世界のトップとも言われるほどに大きな国ですから、知らない方はいないでしょう。
そんな大国であるロシアの結婚式はなかなかに面白い結婚式になっています。

通常、日本では結婚式は神前式や教会式など特別な場所で行われることが一般的ですが、ロシアの場合、結婚式は市役所で行われます。
教会式に相当する式は市役所で行うというのがロシアの結婚式であるようです。

ロシアの結婚は婚姻届を提出することから始まります。
その際、新郎新婦はそれぞれ同性の付添い人を伴い、立会人として同席してもらうことになります。
市役所では、書類にサインをし、指輪の交換、誓いのキスなど一般的に教会で行われるであろう儀式は全て市役所で職員の前で行うようになります。
当然、市役所には他にも利用者がいるわけですから、衆人環視の前で結婚式をすることになります。
日本的感覚からすえば、ありえないの一言かもしれません。


結婚式の本番は披露宴

ロシアの結婚式は市役所で書類を提出する市役所婚がメインではありません。
あくまでも婚姻の事実を作るための形式的な儀式ですから、本番は披露宴になります。

披露宴会場では両親を始め、参加者が新郎新婦の到着を今か今かと待ち望んでいます。
到着して、まず行うのが母親の持ってきたパンを一口かじり、塩をつけて食べる儀式になります。
この儀式が終われば、披露宴の開始となります。

ロシアの披露宴は非常に賑やかなもので、食事、お酒、ダンスと思い思いに楽しみます。
市役所婚で同席した付添い人とは別の披露宴の司会役が披露宴を仕切り、進行していきます。

それぞれが思い思いに楽しんでいる最中、司会役が突然宣誓書を読み上げる一幕があり、
問答式の宣誓書には相手に対して自分はどうあるべきかなどジョークを交えて問答を行うようになっているようです。
いくつかの問答の最中には、参加者によるキスを求めるコールが起こり、そのたびに新郎新婦は参加者の前でキスをすることになります。

キスの時間が短ければ不満の声が上がり、再度やり直しをさせられることになりますから、
新郎新婦はできるだけ長い時間キスをするように心がけるようです。
とはいえ、冷やかしでキスをさせているわけですから、常識の範囲内の長さであれば、
大抵は短いと不満の声が上がるのは日本もロシアも同じかもしれません。

披露宴の最後を飾るのは、ロシアの結婚式の伝統行事とも言える靴盗みになります。
新婦友人の一人が新婦のヒールを片方盗み、新郎が靴を取り返すために追いかけ、要求されるままにお金を支払うと言う行事であるようです。
このとき、新郎友人の協力で参加者から要求されたお金を集めることになり、日本で言うところのご祝儀に相当するイベントになります。



●モザンビークの結婚式事情

モザンビークの結婚について

モザンビークはアフリカ大陸南東部にある国になります。
共和制国家で、かつてはポルトガルの植民地でもあった国になります。
結婚と言うのは、その国の宗教によってしきたりなども変わってきます。
世界には様々な宗教があり、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教、ヒンドゥ教、仏教、儒教など実に多くの宗教があります。
モザンビークの国民は比較的宗教と言うものに対して関心は高くなく、20%前後でカトリック教徒やイスラム教徒がいるようです。

そのため、モザンビークの結婚式はそれぞれの宗教に則って行われるようになります。
キリスト教の結婚式であれば、神への誓いや指輪の交換など日本でもよく見る光景の結婚式が行われ、
イスラム教の結婚式であれば、結婚の契約儀式を行います。


モザンビーク独特の結婚観

また、結婚と言うものに対しての意識が非常に薄いのもモザンビークの特徴でもあります。
モザンビークは離婚率が高く、また、シングルマザーも多くいるので、女性に対して既婚が未婚かを確認するのではなく、
子供の有無を確認することが日常の会話の中でよく聞かれます。

日本に比べると様々な部分で文化の違いを見ることが出来るのがモザンビークでもあります。
結婚観、生活など実に多くの部分で日本とは異なる文化を持っています。


ミクロネシア

| コメント(0) | トラックバック(0)
●ミクロネシアの結婚式

ミクロネシアの概要

ミクロネシアは様々な島が集まる諸島郡になります。
ミクロネシア連邦国として知られ、ミクロネシアと一言で言っても、様々な島がありますので、一概にどこがミクロネシアなのかは難しくなります。
リゾート地として知られているミクロネシアですから、気候も温暖で過ごしやすい環境にあり、日々様々な国の方が観光に訪れる国でもあります。


ミクロネシアでは事実婚が主流

世界には様々な結婚式があり、結婚のスタイルも宗教や文化によって大きく変わってきます。
ミクロネシアも独自の文化を持ち、結婚と言うものに対しても独自のスタイルを持っています。
日本では、結婚と言えば婚姻届を提出して、晴れて夫婦として認められるものですが、
ミクロネシアの場合、結婚に際しての手続きなどは一切ありません。

男女が一緒に暮らし、周囲に認知されれば、それは夫婦として認められると言うことになり、
事実上の婚姻関係が成立していると言うことになります。
日本にあるような婚姻届などの書類はなく、あくまでも男女が一緒に暮らすと言うことが条件で婚姻が認められます。

そのため、ミクロネシアでは結婚式などの儀式なども大仰なものは行わず、質素に結納に近いものを執り行う程度で婚礼の儀式が終わります。
ミクロネシアと言えば、石のお金で知られる国ですが、今現在も石のお金は土地売買や結婚式の際の結納で使われていると言われています。
ただし、ミクロネシアの中でも都市部などは教会での近代的な結婚式を行っている事もありますので、
古い伝統的な結婚スタイルをとっているのは比較的地方のミクロネシアの島になります。


マラウイ共和国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●マラウイの結婚式事情

マラウイの結婚式は早い

アフリカ南東部にあるマラウイの結婚式は非常に朝が早くなります。
日本で結婚式と言えば、朝からの準備は当たり前ですが、それでも早くても6時、7時程度から準備を始めるのが一般的かと思います。
しかし、マラウイの結婚式は非常に朝が早いのです。

8時開始の結婚式であれば、4時に起きると言うのがマラウイの結婚式。
いくら早く準備を始めても、式場到着は予定時間を大幅に超えての到着になりますから、マラウイと言う国の習慣を垣間見れます。

アフリカにある国はいずれもおおらかな風習で、時間に縛られない生活がほとんどです。
そのため、結婚式なども時間通りに始まることはなく、広大な土地になりますので、移動をしている間に予定時間になると言うことも多くあります。

新郎新婦が到着すると目を引くのが車の飾りになりますが、マラウイの装飾はトイレットペーパーで作られます。
まるで子供のいたずらなのかと思われるような装飾ですが、マラウイでは当たり前の装飾になります。

その後はキリスト式の教会式を行い、指輪の交換や宣誓をして、結婚式を進めていきます。
海外の結婚式で見られるような聖歌隊の合唱や神父による説教などもおなじみに光景になります。


マラウイの披露宴

式が終われば披露宴になりますが、ここでも一風変わったマラウイの習慣を見ることが出来ます。
日本の棟上などで見られるようなご祝儀が飛び交います。
日本では披露宴の会場に入る前に受付でご祝儀を渡しますが、マラウイの場合、披露宴でダンスを踊りながらお金を振りまいて踊ります。
それを拾い集めるのがマラウイの披露宴なのです。

日本では見ることの出来ないマラウイならではの風習がそこにあります。
マラウイの披露宴はダンスと歌。
終始、それに尽きます。
歌い、踊り、新郎新婦の新しい門出を祝う。
陽気に若い二人の新しい人生を祝福するのがマラウイ流の結婚披露宴なのです。



ボツワナ共和国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●ボツワナの結婚式

ボツワナの結婚式には2種類ある

ボツワナは南アフリカに位置する国になります。
世界の中でもボツワナは非常に珍しい国で、女性のおよそ8割がシングルマザーだといわれています。
非常にシングルマザーの多い国ですが、それでもやはり結婚式はあります。

ボツワナの結婚式には主に2種類あり、自宅で行う結婚式とホテルなどを利用した結婚式になります。
簡易的に行うのであれば前者、形式に沿った結婚式を行うのであれば後者と言う形で選ばれます。
結婚式をホテルなどで行う場合、招待客は限られてきます。
親族や友人、近しい人間だけを呼び、しめやかに進められるのがホテルでの結婚式。
祐二恩知人以外、見知らぬ人まで参加するのが自宅での結婚式となっています。
おおらかな国柄のボツワナらしい結婚式と言えます。

ボツワナでは結婚式も披露宴も一つにまとめられます。
このあたりは日本式の結婚式と似たような雰囲気があります。
結婚式を経て、披露宴に移り、盛大に新郎新婦を祝うために盛り上げます。
ボツワナでの披露宴はとにかくダンスを踊ります。
日本で見られるような余興などはなく、とにかくダンスを踊り、陽気に場を盛り上げていきます。


ボツワナの結婚儀式について

ボツワナで結婚をするためには、日本で言うところの結納が必要になります。
日本でも昔から結納がありましたが、昨今では結納などの制度は廃れて久しく、結納を行って
正式に婚約をするカップルも少なくなってきました。

ボツワナの場合、金銭での結納ではなく、物資を送る結納になります。
具体的には、牛8頭、あるいは、それに値する金銭や品物を送るのがボツワナでの結納になります。
牛8頭と結婚式のための費用を全額新郎が工面すると言うわけですから、ボツワナでの結婚式は
人生を左右するほどのイベントだといってもいいでしょう。

結婚のための結納が牛8頭?と不満に感じる方もいるかもしれませんが、日本円にしても牛1頭ですら
数百万で取引をされるものですから、8頭ともなれば、相当な金額になります。
さらにボツワナでの牛の価値は非常に大切なものですから、そこを考えてみれば、
牛8頭を準備するのは容易なことではありません。

ボツワナでシングルマザーが多い理由の一つが、この結納にあると言われています。
結婚をするに当たって非常に高額な費用が必要になるため、費用的な問題から結婚を行わずに
シングルマザーなどを選択する方が多いと言われています。



ベナン共和国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●ベナンの結婚式について

ベナンのかつての結婚式の風景

ベナンと言えば、アフリカに位置する小さな国になります。
タレントのゾマホンなどがテレビでも見られるので、最近では比較的名前も知られるようになっています。

ベナンの国民はキリスト教徒が多いため、結婚式もキリスト教式の結婚式になります。
しかし、それも近年の近代化が進んだ結果でしかありません。
古くはベナンの結婚は日本でも見られたようなお見合いに近い結婚であったようです。
両親の連れてきた花嫁を迎え入れるスタイルの結婚ですから、男性は結婚式の当日まで花嫁の顔も分からないと言うことがあったようです。

日本ではさすがに祝言まで花嫁の顔が分からないと言うことはありませんでしたが、
ベナンでは、かつてはそうした結婚が一般的に行われていたようです。
それも、近代化が進んだことで結婚に関する価値観が変わり、恋愛からの結婚が一般化され、キリスト式の結婚式を行うようになっています。


ベナンの陽気な結婚式と披露宴

ベナンはアフリカにある国ですので、国柄とでも言うのか、とにかく陽気な方が多くなります。
結婚式も同様に陽気な雰囲気で進められ、日本などのように厳粛な雰囲気でと言う感じは受けません。

新郎と新婦が指輪の交換をし、式場の外に出れば、招待客などこぞって祝福の言葉を投げかけ、踊り、歌い、騒ぎます。
披露宴なども比較的オープンにされているのがアフリカの結婚式のスタイルですから、
まったくの無面識であっても披露宴に参加して新郎新婦を祝うのがベナンの結婚式のスタイルであるようです。

日本でもかつては自宅でのお披露目と言うことで近隣の住民が自宅へ向かい、新郎新婦を祝う名目で酒盛りをしていた時代もありました。
そんな古きよき時代を感じさせる結婚式の風景がベナンの結婚式に見られます。


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちその他カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはヒンドゥー教です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

  • 地図から探す
  • 宗教圏から探す
  • アカサタナ順で探す

ページの先頭へ