カ行の最近のブログ記事

北朝鮮

| コメント(0) | トラックバック(0)
●北朝鮮で恋愛結婚の増加

北朝鮮の国の概要

北朝鮮は、朝鮮半島の日本寄りに位置する国で正式名称を朝鮮民主主義人民共和国といいます。
皆さんもご存知の通り日本とは国交も無く、北朝鮮人民の暮らしは
ベールに包まれている部分が多数あります。

朝鮮民族の単一国家で、首都はピョンヤンです。
儒教・天道教・キリスト教・仏教などの宗教などがありますが、信教の自由はありません。


北朝鮮での結婚式の時期

北朝鮮での結婚式は、一般的に親族の話し合いや職場の上司の勧めなどでのお見合い結婚が多いのですが、
特に農村部や農作業に動員される人たちは、農作業時期忙しいので、
11月か田植えなどが始まる前の3月ぐらいに結婚式が集中します。

この季節になると、特に農村部では結婚ラッシュになりますが、派手な結婚式というのは見られません。


都市部では恋愛結婚が増加

ピョンヤンなどの都市部では、季節に関係しない結婚も多く見られますが、党の指導のもと、晩婚化が勧められてきました。
近年、恋愛結婚が増えてきたことにより若いカップルが増えてきています。

党幹部などの富裕層の結婚式では、ピョウヤン市内にある結婚式場などで大々的に
結婚式を行うこともありますが、農村部などでは食事も簡素で写真を撮るだけ
という結婚式も珍しくありません。


北朝鮮の結婚式は短い

北朝鮮富裕層の結婚式自体は、韓国の伝統的なチマチョゴリなどを着て行われます。
日本とは違い、北朝鮮や韓国の結婚式は30分程で終わって食事をして帰ると言うのが一般的なようです。

北朝鮮や韓国の結婚式では、芸能人のように新郎新婦が色々な格好をして写真撮影することもありますが、
一般的な招待客などはさっと食事に向かうことが多いです。

北朝鮮では豪華な結婚式を行えるのはごく一部の人に限られているのです。


厳しい北朝鮮の現状

基本的に北朝鮮以外の人との恋愛は禁止で、おとなりの韓国人との結婚さえも脱北しないと無理でしょう。

多くの国民が食べ物に困っている北朝鮮ですので、お祝い事である結婚式も
祝っていられないというのが厳しいですが、現状のようです。

世襲が続く北朝鮮では、いつまでこのような状況が続くのかお隣の国なので気になりますが、
体制が変わらない限りは、幸せな結婚をするカップルも少ないのかもしれません。



韓国(大韓民国)

| コメント(0) | トラックバック(0)
●韓国の結婚式事情について

韓国の結婚式はあっさり

結婚式と言えば、人生の一大イベントになります。
それはどこの国も変わらないものであるかと思いますが、韓国の場合は比較的そうした意識はちょっと薄いようです。

日本の場合には、一般の人が結婚式を挙げる場合、おおよそ規模は数十人、
100人に満たない程度の規模で行われることがほとんどですが、
韓国の場合は百人単位での招待になると言われています。

ただ、大規模な結婚式になるため、どれほどに趣向を凝らした結婚式になるのかと期待をしていくと、
肩透かしを食らってしまうことになります。

韓国の結婚式は非常にあっさりとしたものになります。
日本で見られるような結婚披露宴然としたものはなく、ホテルなどの会場を利用してのビュッフェ式のパーティが開かれるだけのようです。

ですが、会場には招待客以外にも集まることが多く、招待されてもいない知人が噂を聞きつけて
会場に駆けつけると言うこともあるのだそうです。
また、知り合って間もない知人にも結婚式をするから出席して欲しいといったような打診をするというのも
韓国独自の文化かもしれません。

韓国の結婚式に掛かる時間はおよそ1時間程度になります。
日本の結婚披露宴もせかせかとしたものですが、韓国の結婚式は更に短時間で終わると言うから驚きです。


かつての韓国の結婚事情

今では廃止されているようですが、かつての韓国では、同性同士の結婚は禁止されていました。
同性同本貫と言われるものですが、同性(同じ性)と同本貫(同じ出身地)同士の結婚が禁止されていたため、
昔の韓国では、遠く離れた場所から花嫁を探しに行くという風習があったようです。
住まいの近隣では、同性同本貫の相手が多くなるため、離れた場所の相手を探すと言うのが韓国の結婚事情であったようです。

そのため、韓国では知り合ってまず名前を確認することから始めます。
自己紹介とも取れるものですが、特に異性の場合には同性であるかどうかの確認は欠かせません。
また、儒教の国でもありますので、目上の人間に対する礼節を忘れないために年齢の確認を併せて行うようになっています。

近年になって同性同本貫の結婚禁止は廃止され、自由に結婚が出来るようになっていますから、古い悪習であったと言うことなのでしょう。
事実、日本に比べて姓の種類の少ない韓国では、同性に巡り合う確立は非常に高くなります。
その分、結婚を遅らせる要因になりますから、いい風習ではないでしょう。



コンゴ共和国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●コンゴ(旧ザイール)の国の結婚式

コンゴの国の概要

コンゴは、アフリカの中部に位置し、正式にはコンゴ民主共和国で、コンゴ民主共和国の北西に位置するコンゴ共和国とは異なる国です。
アフリカ大陸中央部のコンゴ川流域に広がり、国の面積はアルジェリアに続いてアフリカ大陸で第2位、世界全体でも第11位の面積を有しています。
以前は、ザイールという国名で、1997年に現在の国名に変更になっています。
宗教は、人口の80%がキリスト教で、カトリックが50%、プロテスタントが20%、残りの10%は、あまり知られていないキンバング教会です。
残りはイスラム教その他の20%となっています。

キリスト様式で、共同体全体で祝う結婚式

コンゴでの結婚式は、新郎新婦の親族、友人のみでなく、近所の住民が、こぞってお祝い品を持ち寄って集まり、それこそ、朝から食べて、飲んで、歌って、踊って結婚を共同体全体でお祝いするという昔ながらの結婚式スタイルで多くは行われているようです。
結婚式のスタイルは全体の80%をキリスト教徒が占めているので、キリスト教にそった教会での結婚式で行われることが一般的です。
コンゴ大統領もローマのカトリック様式で結婚式を挙げています。

しかし、コンゴ東部では、女性の権利が戦争などでひどく侵害されていたので、国連が懸念を表明していた問題も残っています。


コロンビア共和国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●コロンビアの結婚式

コロンビアの国とは

コロンビアは、南アメリカ大陸の北西部に位置する国で、宗教は大半の国民がキリスト教徒(約95%)で、その内、カトリック教徒が90%と多くなっています。

コロンビアの結婚式への招待は夫婦での出席が一般的となっています。
結婚式のために祝儀のお金、またはプレゼントはコロンビアでは少額で済みます。
そのため、何度、招待されて出席しても大きな負担になりません。

コロンビアの結婚式の特徴

コロンビアでは、結婚式は夕方5時位から行われ、その後、披露宴が深夜まで続きます。
結婚式は、カトリック様式の厳かなムードで進行して行きますが、日本での進行とは大きな差はありません。

披露宴は、深夜遅くまで続くので子供のいる人でも、子供を預けて夫婦二人の参加をして披露宴を子供を気にすることなく長時間楽しみます。
コロンビア人は踊りが好きなので、新郎新婦や友人のスピーチやケーキカット、食事などが一通りの儀式が行われた後は、ダンスタイムが続きます。
披露宴が19時頃から始まって、深夜2時前後に終了するまで踊り続けています。

中には、自分自身の楽しみをために新郎新婦はさておいて踊りを楽しんでいる雰囲気伺えます。
年齢に関係なく踊るので、根っから踊りが好きな国民性によるものでしょう。
尚、早い時間に失礼しても特に大きな失礼にはならないようです。


コスタリカ共和国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●コスタリカの結婚式事情

コスタリカはどんな国?

コスタリカは、中央アメリカに位置している国で、中央アメリカでは珍しく政治的に安定し、長い民主主義国家でありましたが、近年は崩れ始めてきていると言われています。
宗教は、宗教は、カトリック教徒が85%と多く、プロテスタントが14%なので、圧倒的なキリスト教国家です。憲法でカトリックが国教として保障されています。

カトリック様式で行われる結婚式

このコスタリカでは、カトリック教徒が多いことから一般的には教会でカトリックの様式に従った結婚式が執り行われます。
しかし、中には、教会以外の場所でも、そこが素敵な場所であれば結婚式が行われることもあるようです。
極端な場合は、質素な祭壇をその場所に作って、出席者のテーブルもなく、イスのみを用意して行うようなこともあります。
形式的な結婚式でなくても、参加者が皆、新郎新婦を祝福していれば、これもまた、立派な結婚式であると言えます。
出される食事も軽食、ワインも少しです。
カトリックだからと言って、全ての人が同じような結婚式をしないことは、新鮮に感じられます。

日本人ならここで結婚式をしたい

一方で、コスタリカのグアナカステ地方のパパガヨ湾沿いの太平洋を面するプライベートビーチに佇む「ヒルトン・パパガヨ・コスタリカ・リゾート&スパ」のような高級ホテルで結婚式を挙げることも、もちろん可能です。
どちらのスタイルが良いかは、一概に比較できませんが、豪華さでは後者です。 



ケニア共和国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●アフリカケニアの結婚式

ケニアの国概要

ケニアはアフリカの国では比較的日本では良く知られた国の一つです。
また、運動能力の高いマサイ民族の名も良く知られています。
この国の宗教は、プロテスタントが約4割、カトリックが約3割で、残りはイスラム教その他となっています。

アフリカの国では、日本のように時間に正確に物事は進みませんが、ケニアもその例外ではありません。
従って、結婚式も時間通りには進まないのが普通です。

ケニアの結婚式の特徴

結婚式は、キリスト教系なら教会で行われ、指輪の交換など、あまり変わりなく執り行われます。
ただ、特徴は、歌とダンスが多いことでしょう。

披露宴では、ケーキカットもちゃんと行われます。
合間に歌と踊りはここでもたくさん行われて盛り上がりますが、南米などのように深夜から明け方まで披露宴が続くというようなことはなく、また終わりのけじめもついていなくて、場合によっては、参加者は適当に切り上げて勝手に帰っていきます。
自然解散のような流れになることもあるようです。

ケニアの結婚式のプレゼントは意外なもの

この国の結婚式の特徴としては、もう一つプレゼントの種類にあります。
生きた羊がプレゼントして送られることです。
この国では戸籍制度が確立していませんが、結婚の届け出は役所に対して書類にサインして提出することで公式には終了します。


クロアチア共和国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●人気の海外旅行国クロアチアでの結婚式

クロアチアの国とは

クロアチアは、旧ユーゴスラビアから、独立した国で東ヨーロッパのバルカン半島、イタリアとは、海を挟んで東側に位置する国です。国民の約9割をカトリック教徒が占めています。

人気の上がっているクロアチアで結婚式

クロアチアは近年、海外旅行をする国として人気が高まっています。
少し前には、戦争があってとても、このような国で結婚式を行うことは考えられませんでしたが、現在では、日治安も経済状態も日本並みに良くなっています。
世界遺産や無人島での結婚式など希望に合った場所でのユニークな結婚式を挙げることが可能になっています。

そんなクロアチアで結婚式を行うには、本来は、厳格・敬虔なカトリック教の国ですから、カトリック教徒でないと結婚式を挙げられないのが一般的です。しかし、中には、結婚式を挙げられる教会もあります。
また、教会でなくても、テラスのような場所を利用しての結婚式も可能です。
クロアチアで一番のお勧めの結婚式会場は、首都のザグレブより車で約1時間のところにあるクロアチア一美しいと言われるトラコシチャン城です。
いわゆる森と湖に囲まれたシャトーです。その敷地内のチャペルはとてもロマンチックな佇まいを見せています。

クロアチアの結婚事情

日本と同じく結婚をするなら人気の月は6月とクロアチアでもなっています。
この時期は、ザグレブ旧市街の市庁舎では、新しいカップルが続々と誕生しています。
教会でなくても、許可を得ることで、公園などでも行うことができます。

クロアチア人の結婚式は、深夜を過ぎて翌日の早朝まで披露宴が続くので、土曜日の午後もしくは夕方から始まるのが一般的です。
スピーチや余興はあまり行われず、出席者は皆、踊りまくるのが原則です。
朝の4-5時まで続くこともあると言われています。
ウェディングケーキのカットも深夜に行われます。


グアテマラ共和国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●グアテマラの結婚は早婚

グアテマラとはマヤ文明の国

グアテマラは、中央アメリカ、メキシコの南方に位置する国です。
中央アメリカではメキシコに次いで人口が多く、古代マヤ文明が栄えた地域にあります。
そのため国民の過半数はマヤ民族の血を引くインディアです。

結婚式に影響するグアテマラの宗教は

かつてはスペインの植民地であったので、その影響を受け宗教はキリスト教カトリックが多いようですが、プロテスタントも最近は増加してきています。

グアテマラ人は早婚

ここグアテマラでは、結婚年齢は若く20歳にもなると結婚することが多いと言われています。
若いので当然、結婚費用を貯めることができず、親の援助に頼るのが一般的なようです。
そのためか、結婚式はカトリックのしきたりに従って厳かに行われますが、披露宴は凝った演出などなく、出される食事もシンプルな形で行われることもあります。

披露宴や結婚式の服装はラテン系そのもの

家庭にお金がある場合は、招待客も日本などの場合よりもはるかに多く、生演奏をバックに踊ったり、食べたりしてラテン系らしく明け方まで延々と披露宴が続けられます。
通常、どこの国も新婦は、純白のドレスが宗教に関係なく多いですが、グアテマラはベールこそ白ですが、ドレスは民族衣装を着て行われることもあります。
新郎は黒や白のタキシードが一般的ですが、グアテマラでは全部がそうではないでしょうが、もっとカジュアルなジャンパーの服装でもOKとされているようです。
あまり形式にこだわらない国民性なのでしょうが、ジャンパーでも良いのは少し驚きです。


キルギス共和国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●キルギス 今でも一部に略奪婚が行われている!?

キルギスってどんな国?宗教は?

キルギスはソビエト連邦が崩壊した後に誕生した国で、中央アジアに位置し、中国とも国境を接している国です。
キルギスの国ではイスラム教スンニ派教徒が多く、そのため結婚式はイスラムの慣習によって行われるのが一般的かと思われますが、キルギスではあまり宗教的な色彩は濃くなく、近所の空き地などを利用して簡単に行われることもあります。

昔は女性の略奪婚が行われていた

尚、現在の結婚の風習ではないですが、昔、キルギスを含む中央アジアの国々では花嫁の略奪が横行し、花嫁は結婚式で初めて花婿を見るというように女性の意思が全く尊重されないような結婚の風習が行われていたということです。
日本でも一部の身分階級とはいえ、戦国時代の大名の娘は政略結婚で自分の意思とは全く関係なく結婚されていたことや、比較的近代まで、地方に行くと親の言うとおりの結婚を女性はさせられていました。

キルギスでは、現在は法律で禁じられているようですが、慣習として残っていて、知り合いの女性などで気に入れば、略奪が今でも行われているということです。

キルギスのもう一つの変な慣習

また、キルギスでは、花婿は花嫁の家に、日本で言う結納金というようなものではなく、身体を受け取るような意味でのお金を渡す慣習が残っています。
これは結婚をお金で買うという意味ではなく、キルギスでは女の子が生まれると将来の花嫁のためにしっかりとお金をかけて育てるという考えから、花婿は、しっかり良く育ててくれましたと言うお礼の意味を込めて、相手の家に対して、お金を払うという意味です。

結婚式がどのような行われる以前に、結婚というものが、すごい方法で行われていることに驚きです。


ギリシャ共和国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●ギリシャの結婚式はギリシャ正教式

ギリシャの国と宗教について

地中海文明が花開いた国ギリシャは、パルテノン神殿を始め多くの古代遺跡とオリンピック発祥の地でもあり、ヨーロッパの南東に位置し、三方を海に囲まれた3000余りの多くの島々からなる共和制国家です。
今、財政危機で世界中の国から熱い注目を集めています。
そんなギリシャの結婚式に関係の深い主たる宗教は、ギリシャ正教会です。

ギリシャ正教式の結婚式の特徴

結婚式はギリシャ正教会の慣習によって主に行われます。
結婚式は教会で行われますが、その場所は結婚式として閉ざされた空間ではなく、オープンな形式で行われるので、新郎新婦の親族以外でも同席して祝うことが可能なスタイルで行われます。

結婚式には、父親が教会の入り口まで新婦をエスコートし、入り口で新郎にバトンタッチします。
その後は、賛美歌が男性コーラスだけで歌われ、冠や指輪、杯の交換などが行われます。
結婚指輪は右手にはめられます。

結婚式の後は、披露宴(パーティ)が夕方から夜にかけて始まって、深夜の2時から4時頃まで賑やかに行われます。

ギリシャの結婚式の意義は日本と異なる

日本では結婚する当事者が婚姻届を役所に届出しますが、ギリシャでは教会が行うことになっています。
つまり、教会での結婚が実質的な婚姻の事実が生じた時となります。
そして、ギリシャの結婚式は結婚を上げる前に新聞に結婚を行うことを公に示すことが義務付けられており、結婚式の直前に破談になるとどういう扱いになるのか少し気になります。


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちカ行カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはサ行です。

次のカテゴリはア行です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

  • 地図から探す
  • 宗教圏から探す
  • アカサタナ順で探す

ページの先頭へ