ハ行の最近のブログ記事

●東ティモールの結婚式と披露宴について

東ティモールでの結婚式

東ティモールはアジア南部にある島国になります。
インドネシア付近にあるジャコ島やアタウロ島などで構成されている小さな国になります。
東ティモールの気候は非常に温暖で、一年中暖かな国となります。

結婚は国によって大きく異なります。
キリスト式の結婚式をする場所もあれば、イスラム式の結婚式をする場所もあり、宗教や文化によっても大きく変わってきます。
東ティモールの結婚式は、キリスト式の結婚式になります。
日本でも馴染みのある教会での結婚式になりますので、大まかな流れは誰もが知るところでしょう。

ただ、日本の教会式と違うのは、教会の中でのセレモニーなどで聖歌隊の歌などがあると言うところでしょうか。
日本では神への誓い、指輪の交換などの儀式を行うだけですが、東ティモールの場合には、教会の中でのセレモニーなどが行われます。

式は教会内ということもあってか、非常に重厚感のある厳かな雰囲気の中行われ、教会を出た瞬間に親族や友人など
参列者の祝福の掛け声が上がります。


東ティモールと日本の披露宴の違い

日本の場合、夫婦の初めての共同作業で知られるケーキカットですが、日本では新郎新婦がそろってケーキにナイフを入れます。
これが日本の常識になりますが、東ティモールの場合には違ってきます。

東ティモールのケーキは新婦の母親がカットをします。
ケーキ入刀ではないの?と思われるかもしれませんが、東ティモールでのケーキはカットするためのものではなく、
取り分けられたケーキを新郎新婦が互いに食べさせ合うもののようです。
ユニークなものですが、披露宴の余興と言う意味では、なかなかに盛り上がるイベントでしょう。

日本の披露宴の場合、主役はあくまでも新郎新婦になります。
そのため、披露宴会場の高砂にいる新郎新婦の下には絶えず誰かが寄り、声をかけ、祝福をしますが、
東ティモールの場合には、招待客はそれぞれがそれぞれで食事をし、酒を飲み、会場の雰囲気を楽しむため、
新郎新婦は終始置き去りの状態にされます。
主役が誰なのか分からなくなる、それが東ティモールの披露宴のようです。

最後はダンスで締めくくります。
東ティモールの方はダンスが好きなようで、結婚式に行われるダンスは延々と続きます。
ダンスの終了と共に結婚式も無事に終わり、新郎新婦は晴れて夫婦となります。


ホンジュラス共和国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●ホンジュラスの結婚式について

ホンジュラスはのんびり

ホンジュラスはアメリカ大陸中部にある国になります。
気候は温暖で、過ごしやすい環境にあり、様々な諸島を有する国ですので、観光客も多く訪れる国になります。

日本に比べるとホンジュラスの国民は非常にのんびりとした生活を送っています。
日本人からすれば、時間にルーズと思われるような生活も、ホンジュラスの国民にしてみれば常識的な日常生活でしかありません。
ホンジュラスののんびりした生活習慣は結婚式にも反映されています。
招待状に書かれている開始時間などなかったかのように遅れて結婚式が始まるなどは日常的で、
1時間、2時間ほど遅れて結婚式が始まるのがホンジュラスの結婚式になります。

ホンジュラスはキリスト教徒の多い国ですから、結婚式自体もキリスト教式の結婚式になります。
指輪の交換、宣誓と一通りの儀式を済ませれば、披露宴に移ります。
ホンジュラスの場合、教会で式を挙げる結婚式とホテルなどの会場で披露宴と合同で行う結婚式などがあります。
日本の結婚披露宴を想像すれば分かりやすいのではないでしょうか。


ホンジュラスの披露宴はダンス

日本からすれば、披露宴は行儀よく座り、司会が進めるままにスライドショーなどを見て、
余興を楽しむものと言う印象のある披露宴ですが、ホンジュラスの披露宴はダンスパーティさながらに行われます。

結婚式も終わり、披露宴会場では新婦は参加者に飲み物や料理をテーブルに運ぶ係りとなります。
日本のように高砂でかしこまっていないのがホンジュラスの花嫁です。
それぞれのテーブルに料理や飲み物を運びながら、各々の祝いの言葉をかけられます。

料理も進み、披露宴も後半に入ってくれば、いよいよダンスが始まります。
ここからはお開きまでダンスが続きますので、もはや披露宴と言うよりもダンスパーティと言った方がいいほどの盛り上がりになります。

日本のように余興などはなく、食事とダンスで締めくくられるのがホンジュラス式の結婚披露宴のようです。


ポルトガル共和国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●ポルトガルの結婚式

ポルトガルの結婚式に時間はない

ポルトガルは日本にとっても深い関係のある国です。
小学校などでも授業で習ったように、古い時代から交流のある国になります。
ポルトガル人は非常に時間に縛られない生活を送っており、人生の一大イベントと言える結婚式ですら、
時間通りに始まらないと言うことがよくあります。

ポルトガルは適当と言う言葉がぴったりと言うほどにおおらかな国になります。
会場には遅れて新郎新婦が到着し、入場ともなれば、それぞれが見やすい位置へ移動を行うため、
バージンロードの目前と言う方もいるほどに自由な結婚式になります。

時間にうるさい日本人では考えられないようなのんびりとした結婚式をするのがポルトガル式の結婚式になります。

無事に式が終われば、車で街中を行進し、披露宴会場へと向かいます。
クリスチャンの多い国ですが、式自体は非常にアットホームな感じで進められるようです。


ポルトガルの披露宴

日本で披露宴と言えば、フレンチなどのコース料理がお情け程度に出てくるイメージが強いのではないでしょうか。
女性ならそれでも十分かもしれませんが、何せドレスアップをしていたりする場合、女性もなかなか食事を食べる雰囲気ではありません。
しかし、ポルトガルの披露宴の場合、これでもかと言うほどに食事が並べられます。
日本で披露宴の食事が少ない、お腹が減ったなどよく聞きますが、ポルトガルの披露宴では
そんな言葉は間違っても出ないほどに食事が並びます。

様々な料理が置かれ、さらに続々と運ばれてくる料理を前に日本人なら驚きを隠すことは出来ないでしょう。
ポルトガルの披露宴は昼から始められ、夕食も披露宴で行うことになりますので、
食べきれないほどの料理を延々と食べ続けるのがポルトガルの披露宴になります。

昼食を食べ、一息ついたところでダンスを踊ります。
新郎新婦のチークを見た後、それぞれ参加して楽しみます。
ひとしきりダンスを踊れば、更に大量の食事が運ばれてきますから、少しでも運動をしてお腹を減らす必要があるのでしょう。


ボリビア多民族国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●ボリビアの結婚式について

ボリビアのゆったりした結婚式

ボリビアはよく言えば、ゆったりとした国。
悪く言えば、時間にルーズな国になります。
ボリビアで結婚式の招待状をもらい、日時が書かれていても、日時を信用してはいけないとすら言われています。
予定開始時間を大幅に遅れて開始するのがボリビアの結婚式ですから、時間に余裕を持って、
ゆっくりと会場へ行くのがボリビア式の結婚式になります。
日本では考えられないほどにゆったりとした開始で、2時間遅れて結婚式が始まると言うこともあるようです。

ボリビアはキリスト教徒の多い国になりますので、結婚式も教会式などになります。
神に誓い、指輪の交換を行う恒例の儀式を行えば、ボリビアの結婚式は終わります。

ボリビアでは誓いをした後に婚姻の書類にサインを行います。
日本で言う所の婚姻届ですが、ボリビアでは結婚式の当日に婚姻の責任者が訪れて書類にサインを行います。


ボリビアの披露宴はダンスパーティ

結婚式が恙無く終われば、その後は披露宴になります。
日本の披露宴然としたものではなく、パーティ形式で行われるのがボリビアの披露宴になります。

披露宴が始まると、まず行われるのが祝い品の贈呈になります。
各自が持ち寄った様々なお祝いの品をお祝いの言葉と共に新郎新婦に贈ります。
お祝いで贈られる品物は、主に食器など生活に必要とされるものが一般的な贈り物として選ばれます。
中には食器棚を贈る方もいるようですから、生活に必要と考えれば、規定はないようです。

そして、祝い品の贈呈が終われば食事となるのが日本式ですが、ボリビアの場合、贈呈が終わった後から終わりまでダンスを踊ります。
開始の贈呈以降は終始ダンスですから、披露宴と言うよりも、ダンスパーティと言った方が分かりやすいかもしれません。

ダンスパーティは長時間続けられ、明け方まで披露宴が終わることがないと言うこともよくあるようです。


ボツワナ共和国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●ボツワナの結婚式

ボツワナの結婚式には2種類ある

ボツワナは南アフリカに位置する国になります。
世界の中でもボツワナは非常に珍しい国で、女性のおよそ8割がシングルマザーだといわれています。
非常にシングルマザーの多い国ですが、それでもやはり結婚式はあります。

ボツワナの結婚式には主に2種類あり、自宅で行う結婚式とホテルなどを利用した結婚式になります。
簡易的に行うのであれば前者、形式に沿った結婚式を行うのであれば後者と言う形で選ばれます。
結婚式をホテルなどで行う場合、招待客は限られてきます。
親族や友人、近しい人間だけを呼び、しめやかに進められるのがホテルでの結婚式。
祐二恩知人以外、見知らぬ人まで参加するのが自宅での結婚式となっています。
おおらかな国柄のボツワナらしい結婚式と言えます。

ボツワナでは結婚式も披露宴も一つにまとめられます。
このあたりは日本式の結婚式と似たような雰囲気があります。
結婚式を経て、披露宴に移り、盛大に新郎新婦を祝うために盛り上げます。
ボツワナでの披露宴はとにかくダンスを踊ります。
日本で見られるような余興などはなく、とにかくダンスを踊り、陽気に場を盛り上げていきます。


ボツワナの結婚儀式について

ボツワナで結婚をするためには、日本で言うところの結納が必要になります。
日本でも昔から結納がありましたが、昨今では結納などの制度は廃れて久しく、結納を行って
正式に婚約をするカップルも少なくなってきました。

ボツワナの場合、金銭での結納ではなく、物資を送る結納になります。
具体的には、牛8頭、あるいは、それに値する金銭や品物を送るのがボツワナでの結納になります。
牛8頭と結婚式のための費用を全額新郎が工面すると言うわけですから、ボツワナでの結婚式は
人生を左右するほどのイベントだといってもいいでしょう。

結婚のための結納が牛8頭?と不満に感じる方もいるかもしれませんが、日本円にしても牛1頭ですら
数百万で取引をされるものですから、8頭ともなれば、相当な金額になります。
さらにボツワナでの牛の価値は非常に大切なものですから、そこを考えてみれば、
牛8頭を準備するのは容易なことではありません。

ボツワナでシングルマザーが多い理由の一つが、この結納にあると言われています。
結婚をするに当たって非常に高額な費用が必要になるため、費用的な問題から結婚を行わずに
シングルマザーなどを選択する方が多いと言われています。



ポーランド共和国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●ポーランドの結婚式について

ポーランドの結婚式は教会式か役所婚

ポーランドの結婚式は通常の結婚式と簡易式の結婚式の2通りがあります。
日本で言うところの結婚式と入籍だけを済ませる結婚の2通りだと思うと分かりやすいでしょう。
ポーランドの結婚式は教会で挙げる教会式と、市役所などでの市役所婚になります。

教会での結婚式は、おなじみの教会での結婚式になりますので、誰でも知っているものでしょう。
日本では結婚式を行った後に改めて入籍の書類などを提出しなければ結婚が成立しませんが、
ポーランドの場合、ヴァチカンとの条約によって、教会で式を挙げたカップルは改めて市役所などに
書類を提出しなくても結婚が成立すると言う制度があります。
このため、教会で式を挙げるか、市役所で簡易的に式を行うかという2通りの結婚スタイルが確立しています。

市役所婚の場合、市町村にある市役所で証人同席で婚姻式が行われます。
簡易的なものですから、時間的にも短時間で済みます。
しかし、敬虔なカトリック教徒の多いポーランドですので、市役所婚よりも教会式を選択する方が多くいます。


ポーランドの結婚シーズン

日本でも結婚するのにいいとされている時期があります。
ジューンブライドなどの言葉があるように6月の結婚がもっともいいと言われています。
熱くもなく、寒くもなく、過ごしやすい時期の結婚式ですから、日本でもジューンブライドに憧れている花嫁は多くいます。

同様にポーランドにも結婚にいいとされているシーズンがあります。
ポーランドでは、月にRの入っている月に結婚をすると幸せになれるという言い伝えがあります。
そのため、3、6、8、9、10、12月に結婚式を挙げるカップルが多くなります。
また、過ごしやすい時期では6月、8月、9月になりますから、この時期には結婚式ラッシュになります。

日本の場合、新郎新婦の予定などもあって、場合によっては平日に結婚式を行う場合もありますが、
ポーランドの場合では、必ず土曜日に結婚式を行います。
翌日、日曜まで持ち越す披露宴のことを考えての日程になっているようです。
ポーランドの披露宴は土曜の夕方から始まり、日曜の朝まで続けられます。
そのため、翌日が休日である土曜日に結婚式が行われるのがポーランドの結婚式のスタイルとなっています。

ベルギー王国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●ベルギーの結婚式事情

ベルギーの結婚式

ベルギーは西ヨーロッパに位置する王国になります。
オランダを隣国に持つ自然豊かな国で、毎年多くの方が観光に訪れる国でもあります。
キリスト教徒の多い国ですので、ベルギーでの結婚式は主に教会での結婚式になります。

日本での教会式といえば、新婦が新郎の元へ行き、神父の問答に答える形で宣誓を行って、
指輪の交換、誓いのキスなどを行うのが一般的な教会での結婚式になりますが、
ベルギーの結婚式セレモニーは日本の教会での結婚式とは異なります。

ベルギーの場合、キリスト教が主教になっていますので、教会なども非常に設備の整ったもので、
結婚式ともなれば、聖歌隊の合唱などを聞くことも出来ます。
日本とベルギーの違いですが、形式だけの教会式とキリスト教徒としての教会での結婚式では、
やはりセレモニーにも違いが出てくると言うことでしょう。

教会という神聖な場所ですから、厳かな雰囲気で進められ、式が終わり、屋外に出た後で参列者などから
祝福の言葉などをかけられます。


ベルギーの披露宴

ベルギーの披露宴は日本の披露宴とは大きく異なります。
日本の披露宴は長くても3時間~4時間程度で終わりますが、ベルギーの披露宴はほぼ一晩中続けられます。
日本で言うところの2次会3次会を合わせて行う形になりますから、時間的にも非常に長いものになります。

一般的な披露宴の流れとしては、カクテルパーティ、友人たちによる余興、食事、その後にダンスパーティという形で進行していきます。
この一連の流れで明け方の4時頃までダンスに興じると言うのですから、ベルギー人のエネルギーには驚かされます。

日本では、翌日仕事などを理由に途中で抜ける方も多いですが、ベルギーの場合、ほとんどの方が最後までダンスを続けようです。
日本人から見れば、そんなに長く披露宴など出来ないと思われるかもしれませんが、
ベルギーではごくごく当たり前の結婚披露宴の風景ですから、文化の違いなのでしょう。


ペルー共和国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●ペルーの結婚式

ペルーの結婚式はキリスト教式

ペルーは南米にある国になります。
ペルー前大統領が亡命などニュースにもなっていましたので、ペルーを知っている方は多いかもしれません。
南米にあると言うこともあって、ペルーはクリスチャンの多い国になります。
そのため、結婚式も教会で挙げるキリスト教式の結婚式になります。

日本でもよく見る教会式になりますから、友人や親戚など出席をした経験のある方も多いかもしれません。
新婦がバージンロードを父親のエスコートで歩き、新郎の元に着くと、牧師の問答の後に宣誓をします。
「健やかなる時も~」と言う耳慣れた宣言になりますので、誰でも知っているものでしょう。


ペルーの披露宴では新郎新婦が忙しい

ペルーでの結婚式が終わると、日本で言うところの披露宴に入ります。
日本の披露宴は非常にスピーディに進められますが、ペルーの披露宴は日本の披露宴とは大きく異なります。
日本の場合、披露宴はスピーチと余興、新郎新婦の馴れ初めなどで進行してきます。
対してペルーの披露宴の場合、ワルツなどのダンスを踊り、盛り上がります。
余興などはなく、終始、ダンスを踊る形になりますので、日本の披露宴をイメージしている方は違和感を感じるかもしれません。
披露宴の開始と共に、新郎は出席している女性全員、新婦は出席している男性全員とワルツを踊ることになりますから、
新郎新婦は非常に多忙を極めます。

開始からダンス、そして締めもダンスとダンスに始まり、ダンスに終わるのがペルー式の披露宴になります。


ベラルーシ

| コメント(0) | トラックバック(0)
●ベラルーシの結婚式事情

ベラルーシの伝統的な結婚式

ベラルーシはロシアに近い国になります。
農村の多い小さな国で、古くから伝統的な結婚式を行っている国でもあります。
昨今では近代化も進み、教会での結婚式を行うカップルも増えていますが、
昔ながらのベラルーシの伝統的な結婚式を挙げるカップルもまだまだ多くいるようです。

ベラルーシの結婚の準備は女性が5歳程度のころから始められると言われています。
結婚時に女性は親族、新婦側親族の男性にベルトを贈る習慣があるそうです。
このベルトの作り方を覚えることからベラルーシの結婚準備が始まります。
5歳程度から作り方を覚え、日々練習を始めて、プロポーズを受けるころには数本を作っておくようにするのが慣わしになります。
また、結婚式当日に贈るものになりますので、当日までに人数分のベルトが完成していなければいけません。

結婚式当日は新郎が新婦の家へ迎えに行くことから始まります。
このとき、新婦が待っているのは木箱の中になります。
新婦の入った木箱を担ぎ、あるいは引き摺り運ぶのがベラルーシの伝統的な花嫁のエスコートになります。
花嫁の入った木箱を運ぶことが出来ない男性は「力のない男」として親族などに笑われることになりますので、
男性は必死になって新婦を運びます。


ベラルーシの結婚式の風景

ベラルーシの伝統的な結婚式は通常見られる教会式の結婚式とは若干違います。
新婦は親族と共に新郎の家へ行き、黒パンに塩をつけて食べる儀式を行います。
新郎の親族が黒パンを乗せた亜麻のタオルを渡し、ちぎって塩をつけて食べると言うのは、歓迎の挨拶と
感謝の挨拶の儀式だと言われています。

一連の儀式を終えると結婚式は一段落しますが、披露宴が始まります。
この披露宴は実に1週間程度の長期間行われ、食べ、飲み、歌い、踊り、新郎新婦の新しい門出を盛大に祝います。

ベラルーシにとって結婚式は一種のお祭りであったとも思えます。
また、農村の多いベラルーシですので、結婚式を挙げることができるのは、収穫などのある時期は禁止されており、
冬など比較的時間に余裕のある時期に行うことが多かったようです。

現在では、こうした伝統的な結婚式を行うことも少なくなってきましたが、まだまだ伝統的な結婚式、風習を守っている地域も多くあります。
日本でも神前式など伝統的な結婚式があり、今なお守られ続ける文化ですから、
ベラルーシの伝統的な結婚式も守られるべき大切な文化ではないでしょうか。


●ベネズエラの結婚式について

ベネズエラと日本の結婚式の違い

日本で結婚式を行う場合、あらかじめ休みの申請などを行う必要があります。
それも、日本では結婚式は日中に行われ、夜は2次会や3次会などが行われる習慣があるからですが、
ベネズエラの場合、結婚式は夕方以降に行われます。

招待客は一日の仕事を終え、帰路についてから結婚式の出席準備を行うのがベネズエラの結婚式のスタイルになります。
ベネズエラの結婚式を一言で言うならば、レディーファーストを実践した結婚式と言えるかもしれません。
日本、あるいは海外で結婚式を行う場合、宣誓など様々な場面で男性が先にありますが、ベネズエラの場合、
全てにおいて女性が先になります。

また、披露宴などでは日本の場合には余興などで盛り上がりを見せますが、ベネズエラの場合には、
披露宴で婚姻届にサインに署名をして提出すると言うのが一般的な結婚披露宴になるようです。
こまごまとしたところで日本とベネズエラの結婚式の違いを見ることが出来ます。


ベネズエラの結婚式

ベネズエラでの結婚式はキリスト教式の結婚式になります。
そのため、花嫁はウェディングドレスを纏い、バージンロードを歩いて新郎の元へ向かいます。
日本でもよく見る光景ですから、馴染みのある方も多いでしょう。

ベネズエラでもっとも多く結婚式が開かれるのは6月、7月、12月だと言われています。
ベネズエラは日差しの強い国になりますので、比較的日差しの弱い、過ごしやすい季節に結婚式を行うのが慣わしのようです。
また、結婚式が夕方以降に行われるというのも、日中の日差しの強い時間を避けるためと言う理由があるそうです。

教会での結婚式が終われば、披露宴になりますが、ベネズエラの披露宴はとにかくダンスを踊ります。
海外の結婚式などでよく見られるダンスですが、ベネズエラも同様に披露宴でそれぞれがダンスを踊り、新郎新婦を祝い、会場を盛り上げます。
日本のように個々人が余興をするなどがありませんから、食事や歓談を行い、とにかく踊ると言うのがベネズエラの結婚披露宴であるようです。
そのため、ベネズエラの披露宴は非常に長く、披露宴が締められるのも深夜を大きく過ぎたころになる事もしばしばあるようです。



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちハ行カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはマ行です。

次のカテゴリはナ行です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

  • 地図から探す
  • 宗教圏から探す
  • アカサタナ順で探す

ページの先頭へ