マ行の最近のブログ記事

南スーダン共和国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●南スーダンの結婚式について

南スーダンの結婚に対する考え方

南スーダンは北アフリカに位置する国家になります。
共和国制の国家となります。
世界には様々な結婚式がありますが、南スーダンの結婚式も独特な文化を持っています。

昨今の日本では、結婚は個人の繋がりという風潮が強くなっていますが、南スーダンの結婚は個人ではなく、
家と家、家族と家族の繋がりを深めるための儀式の一つになります。
かつて日本でも結婚は互いの家と家を結ぶものという認識でしたが、近代化が進められ、
社会全体の変化もあって、結婚は個人の関係を繋ぐものという認識に変わってきました。


結婚は家同士の繋がりという意識

南スーダンの結婚では、個人よりも家としての結婚になりますので、恋愛での結婚は非常に少なくなります。
南スーダンの国民は結婚をする場合、両親の決めて来た相手との結婚をするようになります。
日本で言うところのお見合いなどをイメージすると分かりやすいでしょう。
顔も知らない、どこの誰かも分からない相手との結婚に不安を感じない日本人はいないかもしれませんが、
南スーダンの場合、近親婚も比較的多くありますので、親戚の中から結婚の相手を選ぶと言うこともしばしばあるようです。


家も守るための近親婚

近親婚は日本でもかつて行われていたもので、さほど珍しいものではありません。
今でも、一部地方などでは近親婚が行われている場所もあるそうですから、
南スーダンの近親婚も日本の近親婚も家を守ると言う意味では同じものなのでしょう。

ただし、近親婚を続けると血が濃くなり、障害を持った子供が生まれる可能性もあると言われています。
日本で見れば、近親婚を続け、数代に一度は親戚筋以外の女性との結婚をし、
子供を作ることで近親婚での血の濃さを薄めると言う方法を取ることもあるようです。


南アフリカ共和国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●独自の文化が根付く南アフリカの結婚式

南アフリカの結婚事情

近年、南アフリカの大統領が5人目の妻となる女性との結婚式を行ったという報道があったのも記憶に新しいことかと思います。
南アフリカでは、一夫多妻制を認めており、一人の男性が複数の女性との結婚を行うことが許されている国になります。

一夫多妻制は、言うほどに簡単なものではありません。
全ての女性を平等に扱い、全ての女性をしっかりと養うだけの生活力がなければ、複数の女性との結婚を継続することは難しくなります。
一言にハーレムと憧れる男性は多いですが、一夫多妻制には一夫一妻制の結婚にはない苦労があります。


ダンスと神秘に彩られる南アフリカの結婚式

南アフリカの伝統的な結婚式は、ウェディングドレスなどではなく、民族衣装を纏った伝統的な結婚式になります。
豹柄の毛皮を羽織り、羽飾りのついた帽子を被った新婦はどこか神秘的な印象を受けます。

結婚式では伝統に則ってダンスを踊る慣わしがあります。
非常に激しいダンスですが、結婚式で見ることの出来るものですので、踊り手達も気合が入っています。

日本とは大きく違った文化を持つ南アフリカの結婚式は、日本人から見れば、非常に神秘的なものに映ります。
中でもズールーの作法に則った伝統的な結婚式などは、日本にいては絶対に見ることの出来ない南アフリカ独自の文化でもあります。


モンゴル

| コメント(0) | トラックバック(0)
●モンゴルの結婚式について

モンゴルの伝統的な結婚式

今なお、古い伝統を守り、結婚式を行っている国は多くあります。
宗教や文化によって結婚式は大きく変わり、様々な特徴を持っています。
日本でも相撲取りなどでよく見られるモンゴルの結婚式も古きよき伝統を守る結婚式を行っています。

モンゴルで結婚をする場合、男性は女性の家に対して贈り物をすることから始まります。
日本で言うと所の結納になりますが、現金、衣服、アクセサリーなどを贈るようです。
また、女性側は嫁入り道具を一式揃えることが結婚のための準備になります。
このあたりの流れは日本の伝統にもある結納に近い部分がありますので、比較的理解もしやすいでしょう。


珍しい風習のモンゴルの結婚式

結納が終わり、結婚式の当日になると、新郎は介添人を伴って新婦の自宅へと迎えに行きます。
このとき、新郎は新婦を連れ帰るまでは一切の言葉を発してはならないとされており、行動の全ては介添人を通してやり取りされます。
また、新郎は手を動かすことも禁止されるため、食事なども介添人に協力してもらう必要があります。
無事に花嫁の自宅へ着いた後は、新郎が一人で過ごし、その間に新郎の親族が嫁入り道具を運び出します。

一連の流れだけでも日本では見ることの出来ない珍しい風習になっています。
なぜ言葉を発してはいけないのか、なぜ腕を動かしてはいけないのかと言うことは今となっては分からないですが、
古くから伝わる伝統として残されているものが、今のモンゴルの結婚式なのでしょう。


モロッコ王国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●モロッコの結婚式事情

モロッコの結婚式はイスラム式

モロッコは北アフリカに位置する国になります。
比較的知名度の高い国ですから、モロッコの名前を聞いたことのある方もいるかもしれません。
モロッコは国教をイスラム教に定めているため、国民のほぼ全てがイスラム教徒になります。
イスラム教の結婚式はキリスト教の結婚式とは大きく異なります。

キリスト教では、結婚は神に誓うものと言う儀式ですが、イスラム教では結婚は個人の契約の儀式であると言う認識であるため、
様式も異なってきます。
モロッコの結婚式はイスラム式に行われるため、正式な結婚の儀式であれば3日ほどの期間を費やして行われます。


処女性が重視されるモロッコの結婚式

イスラム式の結婚式では、門出の儀式、花嫁を向かえに行く儀式、結婚契約の儀式をそれぞれ3日に分けて行われます。
ただし、昨今では儀式の簡略化なども行われているため、場合によっては短期間での結婚契約の儀式のみで
結婚式を行うケースもあるようです。

イスラム教では処女性が非常に重要視されます。
そのため、モロッコの女性のウェディングドレスとも言える結婚装束は純白になっています。
キリスト式の結婚式でも同様に純白ですが、モロッコでの純白の衣装には意味があります。
結婚式を終えた若い夫婦が初夜を過ごす際、新婦が着ている白い装束をシーツの変わりに使い、
破瓜の血をつけて処女の証を立てると言う意味合いがあるそうです。


モルドバ共和国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●モルドバの結婚式について

モルドバの概要

モルドバはヨーロッパに位置する共和国で、ヨーロッパの東部にあります。
ルーマニア、ウクライナに囲まれた国で、穏やかな町並みの国になっています。
結婚式は宗教によって形式が変わります。
モルドバの国民の大半が正教会になり、キリスト教の教派の一つとなります。
そのため、モルドバでの結婚式はキリスト教式の結婚式が一般的で、教会での挙式などは
日本でも見ることの出来る馴染みの深いものになっています。


ダンスで彩られるモルドバの披露宴

モルドバの結婚式の大まかな流れとしては、バージンロードを新婦が新婦の実父のエスコートで進み、
実父の手から新郎の手へと渡されます。
そして祭壇の前で神に永遠の愛を誓い、指輪を交換し、聖歌隊の合唱や神父の説教などのセレモニーを行って式が進められます。
日本では宣誓と指輪の交換、誓いのキスなどの略式的な儀式としての教会式が一般的ですが、
モルドバでは教会での正式な結婚式になりますので、セレモニーなども盛大に行われます。

結婚式が終われば、その後は披露宴となります。
披露宴では日本のように余興などがあるわけではなく、それぞれが思い思いに食事を楽しみ、
ダンスに興じるというような感じで進められていきます。

新郎新婦などによってもダンスの種類は変わってきますが、一般的にワルツを踊るのが
モルドバの披露宴のスタイルのようです。

そのほか、ホラといわれるモルドバの伝統的なダンスを踊ることもあるようで、
ダンスを踊ることで披露宴の幕が開きます。



モルディブ共和国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●モルディブの結婚式事情

モルディブの概要

モルディブはインド洋に浮かぶ小さな島国になります。
観光業の盛んな国で、豊かな自然を求めて多くの方が観光に訪れるリゾート地でもあります。
また、綺麗な海辺は多くの女性を魅了し、モルディブでの結婚式に憧れている方も多くいます。


イスラム式のモルディブの結婚式

モルディブはイスラム教が国民のほぼ100%と言われるほどを占めていますので、結婚式もイスラム式の結婚式になります。
イスラム式の結婚式は、キリスト教式の結婚式とは違い、教会での挙式などはありません。
3日ほどの時間をかけ、門出の儀式、花嫁の迎えの儀式、結婚契約の儀式を行います。
それぞれ、1日目、2日目、3日目と分けて行われるのがイスラム式の正式な結婚式になり、
証人2人の認証を受けて、晴れて夫婦として認められるようになります。
また、モルディブはイスラム教の国でもありますので、一夫多妻制が認められる国でもあります。


日本人の海外挙式にも協力的

豊富な自然、リゾート地としての魅力溢れる国ですので、モルディブでの海外挙式を考えている方も多くいるかもしれません。
モルディブ自体も観光業に力を入れているため、モルディブでの海外挙式に対しては非常に協力的になっています。
モルディブでの海外挙式を行う場合、イスラム式の結婚式ではなく、それぞれの宗教や文化に合わせ、
基本はキリスト式の結婚式を行いますので、イスラム教徒でなくてもモルディブでの海外挙式は安心して行うことが出来ます。



モナコ公国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●モナコの結婚式について

モナコの結婚式はキリスト教式

モナコはヨーロッパ西部にある国になります。
モータースポーツの盛んな国ですから、モナコの名前を聞いたことのある方も少なくはないでしょう。

モナコの国民の90%がカトリック教徒になりますので、結婚式もキリスト教式の結婚式になります。
日本でも馴染みの深い結婚式ですから、結婚式に参列、あるいは聞いたり見たりといった情報で
教会の結婚式を知っている方は多いはずです。


式の後の披露宴はヨーロッパ風

モナコの結婚式も日本で行われる結婚式と進行自体は大差ありません。
バージンロードを新婦が歩き、新郎の元へ辿り着くと神父の問答に答えて神に永遠の愛を誓い、
指輪の交換を行って、セレモニーとして聖歌隊の合唱や神父の説教などがあります。
これらの一連は、キリスト教式の結婚式でよく見られる風景になります。
ただし、日本では宣誓、指輪の交換と行った結婚に必要な最低限の儀式だけを形式的に行う形で教会式が行われますので、
日本の教会式とは若干の違いがあるかもしれません。

結婚式の後に披露宴を行うというスタイルも日本と同じ流れになります。
世界中のどこでも、結婚式を行った後に披露宴を行うのは同じようです。
友人や知人、親戚などを一同に介し、新郎新婦の新しい門出を祝って盛大に歌い、踊る。
ヨーロッパの披露宴でよく見る披露宴になります。


●モザンビークの結婚式事情

モザンビークの結婚について

モザンビークはアフリカ大陸南東部にある国になります。
共和制国家で、かつてはポルトガルの植民地でもあった国になります。
結婚と言うのは、その国の宗教によってしきたりなども変わってきます。
世界には様々な宗教があり、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教、ヒンドゥ教、仏教、儒教など実に多くの宗教があります。
モザンビークの国民は比較的宗教と言うものに対して関心は高くなく、20%前後でカトリック教徒やイスラム教徒がいるようです。

そのため、モザンビークの結婚式はそれぞれの宗教に則って行われるようになります。
キリスト教の結婚式であれば、神への誓いや指輪の交換など日本でもよく見る光景の結婚式が行われ、
イスラム教の結婚式であれば、結婚の契約儀式を行います。


モザンビーク独特の結婚観

また、結婚と言うものに対しての意識が非常に薄いのもモザンビークの特徴でもあります。
モザンビークは離婚率が高く、また、シングルマザーも多くいるので、女性に対して既婚が未婚かを確認するのではなく、
子供の有無を確認することが日常の会話の中でよく聞かれます。

日本に比べると様々な部分で文化の違いを見ることが出来るのがモザンビークでもあります。
結婚観、生活など実に多くの部分で日本とは異なる文化を持っています。


●モーリタニアの結婚式事情

モーリタニアの結婚式

モーリタニアはアフリカの北西部にある国で、正式にはモーリタニア・イスラム共和国となります。
その国名が示すようにイスラム教徒の多い国になります。
イスラム教の結婚式はキリスト式の結婚式とは違い、神に誓いを立てるなどの儀式はありません。
また、イスラム教では一夫多妻制が認められていますので、モーリタニアでも一夫多妻制が認められています。

イスラム教の結婚式を行うことがモーリタニアの結婚式になりますので、伝統に則って結婚式を行うのであれば、
3日ほどの期間をかけて結婚式を行います。
1日目で家族との別れ、門出の儀式を行い、2日目で新婦を迎えに行き、3日目で披露宴と結婚の契約の儀式となります。
ただし、現在では結婚式は簡素化され、契約の儀式のみを行う場合もあるようで、モーリタニアの結婚式も比較的簡略化された
イスラム式の結婚式になっているようです。


契約という儀式と賑やかな披露宴が特徴

モーリタニアの結婚の儀式で交わされる契約には様々なことが記されています。
特に一夫多妻制が認められているモーリタニアですから、結婚の契約には妻を何人にするかなどの契約も含まれています。
結婚当時に考えている人数は時々において変わるため、結婚の儀式での人数に強制力はないようですが、これも一つの儀式なのでしょう。

イスラム教徒の多い国ではあっても、アフリカに位置する国ですから、国民は非常に陽気な方が多くなります。
披露宴などもダンスに興じ、大人も子供もダンスを踊って新郎新婦を祝います。



●モーリシャスの結婚式

モーリシャスの変わった結婚式

世界には実に様々な結婚式があります。
文化や宗教が変われば、風習も変わり、結婚式も変わります。
モーリシャスもそうした日本から見れば、変わった結婚式を行う国になります。

モーリシャスはインド系が半数以上を占める国で、ヒンドゥ教が約半数という国になります。
そのため、結婚式もヒンドゥ教に則って行われることが多くあります。
ヒンドゥ教の結婚は非常にしきたりなどの多いことでも知られています。

ヒンドゥ教と聞いて、まず、誰もが知っているであろう制度がカースト制度になります。
身分の違う者同士の結婚は認められないと言うのがヒンドゥ教の結婚になります。
また、かつては幼女婚などもあったようで、ヒンドゥ教では女性は12歳から結婚をするという慣わしもありました。
ただし、現在では法改正もあって、最低結婚年齢は18歳に引き上げられたようです。


世界でも珍しいヒンドゥ式の結婚式

モーリシャスの結婚式もそうしたヒンドゥ教の慣わしに則ったものになりますので、宗教的な雰囲気が強くなります。
伝統的な楽器の演奏を行い、司祭と思しき方が祈りを捧げます。
司祭の祈りと共に楽器が鳴らされるため、雰囲気としてはある種異様なものを感じるかもしれません。

司祭の祈りと太鼓、笛の演奏が続けられる中、新郎新婦の座する舞台の上では明かりが灯され、一層宗教色が強くなっていきます。
キリスト式でもイスラム式でもないヒンドゥ式の結婚式は世界でも珍しいものになります。


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちマ行カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはヤ行です。

次のカテゴリはハ行です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

  • 地図から探す
  • 宗教圏から探す
  • アカサタナ順で探す

ページの先頭へ