ベナン共和国

●ベナンの結婚式について

ベナンのかつての結婚式の風景

ベナンと言えば、アフリカに位置する小さな国になります。
タレントのゾマホンなどがテレビでも見られるので、最近では比較的名前も知られるようになっています。

ベナンの国民はキリスト教徒が多いため、結婚式もキリスト教式の結婚式になります。
しかし、それも近年の近代化が進んだ結果でしかありません。
古くはベナンの結婚は日本でも見られたようなお見合いに近い結婚であったようです。
両親の連れてきた花嫁を迎え入れるスタイルの結婚ですから、男性は結婚式の当日まで花嫁の顔も分からないと言うことがあったようです。

日本ではさすがに祝言まで花嫁の顔が分からないと言うことはありませんでしたが、
ベナンでは、かつてはそうした結婚が一般的に行われていたようです。
それも、近代化が進んだことで結婚に関する価値観が変わり、恋愛からの結婚が一般化され、キリスト式の結婚式を行うようになっています。


ベナンの陽気な結婚式と披露宴

ベナンはアフリカにある国ですので、国柄とでも言うのか、とにかく陽気な方が多くなります。
結婚式も同様に陽気な雰囲気で進められ、日本などのように厳粛な雰囲気でと言う感じは受けません。

新郎と新婦が指輪の交換をし、式場の外に出れば、招待客などこぞって祝福の言葉を投げかけ、踊り、歌い、騒ぎます。
披露宴なども比較的オープンにされているのがアフリカの結婚式のスタイルですから、
まったくの無面識であっても披露宴に参加して新郎新婦を祝うのがベナンの結婚式のスタイルであるようです。

日本でもかつては自宅でのお披露目と言うことで近隣の住民が自宅へ向かい、新郎新婦を祝う名目で酒盛りをしていた時代もありました。
そんな古きよき時代を感じさせる結婚式の風景がベナンの結婚式に見られます。


  • 地図から探す
  • 宗教圏から探す
  • アカサタナ順で探す

ページの先頭へ