ブルンジ共和国

●ブルンジの結婚式について

ブルンジのオープンな結婚式

ブルンジは中部アフリカにある共和国になります。
ブルンジの国民の半数以上がキリスト教になりますので、結婚式もキリスト教式の結婚式が多くなります。

アフリカと言う土地柄か、ブルンジの結婚式は教会での式を挙げたあと、盛大に踊り祝います。
日本で見られる通常の結婚式と同様の進行になりますので、神への宣誓、指輪の交換などが行われます。

また、披露宴などは新郎新婦、親族、招待客などが会場になだれ込むため、新郎新婦を見失うなどよくあるようです。
主に披露宴での主役は新郎新婦ではなく、新郎新婦の親族などが祝福されるような構図をよく見かけます。

披露宴の最中は、終始ダンスと歌で進められ、ある種のお祭りのような状態で進行していきます。
オープンに行われていますので、身内や友人知人以外の関係のない方も参加して新郎新婦を祝うと言うのが
ブルンジスタイルの結婚式であるようです。


キリスト教に則ったブルンジの結婚式

ブルンジでは独自の宗教など少数派ですが存在しています。
しかし、60%以上がキリスト教徒であるため、結婚式はキリスト教に則った教会式で進められるようになります。

ブルンジでの結婚式は教会式であるとはいえ、立派な教会などがあるわけでもありませんので、比較的質素に行われるようになります。
新婦の入場、神への宣誓、指輪の交換。
これらは日本の結婚式でも見られる光景ですので、日本での結婚式を経験している方であれば、誰でもご存知ではないでしょうか。

土着の結婚式なども一部の地方では行われることもあるようですが、ブルンジではほとんどの場合、キリスト教式の結婚式になります。


  • 地図から探す
  • 宗教圏から探す
  • アカサタナ順で探す

ページの先頭へ