ジブチ共和国

●ジブチの結婚式について

ジブチの国の概要

ジブチは人口100万人にも満たないアフリカ大陸の北東部、サウジアラビアと紅海を隔てて向かい合っている小さな国で、
人口の約95%がイスラム教徒です。


ジブチの結婚式の特徴

ジブチでの結婚式の特徴は、まず費用面では、結婚式、披露宴などにかかる費用を全て新郎側が負担します。
そして、出席者は招待状などなく、新郎新婦とその家族の許可さえあれば参加できます。
その際、出席者はお祝いのお金を包むことは不要です。
また、日本では、披露宴の席は親族がもっとも新郎新婦から離れた場所に座り、招待客が近くに座りますが、
新郎新婦の一番そばにいてお祝いをするのは、新郎新婦の両親やその家族です。
本来的には、結婚式は、家族にとっての大きな行事なのでジブチスタイルが正しいのかもしれません。
家族という単位で社会を見ると考えるのか、社会の中の家族として社会から家族を見るかの違いなのでしょうか?


ジブチ結婚式のその他の特徴

そして、ジブチに限らないですが、時間は遅れて始まるのが当たり前です。
踊りが多いこと、皆、ダンスが上手なこと、来賓挨拶などの形式的なことが行われないのも特徴です。
また、出席者は、自分の意思で自由に披露宴から退席することが可能で、式は深夜を過ぎても続くことなども特徴です。
時間は、時には1,2時間の遅れるどころか、もっと遅れて始まることもあり、日本では考えられません。
食事の内容は、軽食、アルコールはありません。

  • 地図から探す
  • 宗教圏から探す
  • アカサタナ順で探す

ページの先頭へ