ウガンダ

●ウガンダの結婚式について

ウガンダの国の概要

ウガンダは、アフリカ東部に位置し、イギリス連邦に加盟している国で宗教は、キリスト教が60%から75%で
残りは伝統宗教、精霊信仰、イスラム教などです。


ウガンダの結婚式の特徴

教会や披露宴の式場などに移動するとき新郎新婦がのる車には、リボンなどで飾り付けが行われています。
出席者は、男性は、民族衣装の上にジャケットを着用し、女性も民族衣装の「ゴメス」を身にまといます。

結婚式の参加者は中流クラスの結婚式では100名ほどが標準です。
新郎は新婦家族への贈り物として、花、野菜、果物、パン、生きたにわとり、牛の肉などを持ち会場へ向かいます。

会場では、新郎側、新婦側に分かれ、お互いが知らない者同士として、
お互いの紹介と結婚の交渉が行われる筋立てになって進行し、新婦側が新郎を結婚相手として認めることで、
交渉成立、結婚となります。


披露宴の内容

披露宴での進行は、会社の上司や同僚、友人などのスピーチやケーキ入刀、合間に写真撮影など日本とあまり変わりなく行われます。
お酒は出ず、料理もあまりに重点はおかれていません。
食事がおちついたところで、新郎新婦が、登場し今度はキリスト教に則って、聖書を読み、神様に誓いの言葉を述べて、
指輪を交換するセレモニーが行われます。
(式と披露宴が別々に行われる方式もあります)

その後、ケーキカットがされて、ケーキは出席者にデザートとしてふるまわれます。
新婦のお色直しは4回行われるが一般的です。


  • 地図から探す
  • 宗教圏から探す
  • アカサタナ順で探す

ページの先頭へ