ザンビア共和国

●ザンビアの結婚式事情

ザンビアとは?

ザンビアは、アフリカ南部に位置しイギリス連邦に加盟している国で、宗教はキリスト教が多く、
50%から75%と言われています。残りはイスラム教、ヒンズー教です。
ザンビアは、2010年度の世界平和度指数ランキングで、アフリカでもっとも平和な国の一つです。
もう一つの特徴は、ジンバブエとの国境に流れるザンベジ川に世界三大瀑布の一つ「ヴィクトリアの滝」があります。


ザンビアと日本の結納の違い

ザンビアの結婚式には日本と同じように結納制度があります。違いは贈るのがお金ではなく、
牛など動物である点ですが、さすがに都市部では現金になっているようです。
結納が無事終わらないと結婚できないので新郎側は必死に結納を済ませる努力を行うことになります。

尚、現金でその額が決着しても、完納するまでに他の結婚申込者が条件の良い提示をすると
キャンセルになる可能性があると言いますが、きっと昔はこのようなことが実際に行われたのでしょう。


ザンビアの披露宴の特徴

ザンビアの披露宴は、座る席があらかじめ決められていません。
また、日本とことなるのは、新郎新婦の入場方法です。
親族の子供や友人が踊りながら先導して、その後に新郎新婦が踊りながら入場します。
その他、スピーチやキャンドルサービス、ケーキの入刀、そしてそのケーキを出席者が食べるなど
日本とおなじような内容のことが行われます。

出席者に人数は、多い時は400から500人になることもあります。
尚、スケジュールの時間は、2時間遅れ位が平均的です。


  • 地図から探す
  • 宗教圏から探す
  • アカサタナ順で探す

ページの先頭へ