ジンバブエ共和国

●遥かな国 ジンバブエの結婚式

ジンバブエとはどんな国?

ジンバブエは、アフリカ南部、アフリカ大陸の内陸部に位置している国です。
現在、独裁政権下にあり、国民への秘密警察による監視や反体制派に対しては、暴力や言論弾圧も行われており、経済事情の劣悪さも加わって世界でも有数の独裁国家です。
宗教は、キリスト教と部族宗教の混合している宗教が50%、純粋なキリスト教が25%、単独の部族宗教が24%、イスラム教などが1%という構成です。

ジンバブエの結婚式事情

結婚は、裁判所にお金を払って登録すると、1週間後に証明書がもらえ、そこに結婚をしていないことを記入し、付添人、裁判所の役人の前で、宣誓と署名、指輪の交換、誓いのキスで法的には終了します。
この間、わずか5分程度です。

この国には、面白いことに結婚制度が
1)届け出が不要で結納金を支払う一夫多妻制、
2)届け出を行う一夫多妻制、
3)届け出を行う一夫一婦性の 3つがあります。

一般的に多いのは、1)のようです。

普通の結婚式もあります

法的な手続きだけの結婚でない場合は、教会などでキリスト教の形式で行われ、なぜか4時間もかかる長い結婚式が行われます。
出席者は4時間、拘束されることもなく自由に出入りできますが、新郎新婦のみは牧師の前に座っている必要があって大変なようです。
披露宴もちゃんと執り行われ、その後、新郎と新婦のそれぞれの家で、宴が開かれることもあります。
結婚式が始まって、全てが終わるのは12時間後という長い時間をかけてお祝いをする一方、法的な手続きだけなら5分で済むという好対照さです。


  • 地図から探す
  • 宗教圏から探す
  • アカサタナ順で探す

ページの先頭へ