中南米の最近のブログ記事

●アルゼンチンの結婚式事情

アルゼンチンの概要

アルゼンチンの正式名称は、アルゼンチン共和国で、南アメリカ南部にある、連邦共和制国家です。
アルゼンチンの国民は、ヨーロッパ系が85%、メスティーンとインディヘナが15%います。
宗教は、国民の93%がカトリック教徒だと言われていますが、教会では70%程度だと把握しているようです。
アルゼンチンの国教がカトリックであると言う訳ではなく、カトリックの信者数が多いために優先されていると言われています。
カトリック教徒でなくても公務員になることは可能ですが、カトリック教徒でなければ大統領になることは出来ません。
1980年代からは、国民の10%がプロテスタントの信者となっています。
330300人がモルモン教徒で、世界で7番目に多い地域となっています。
人口の1.5%がイスラム教徒です。


長期間の「恋人・同棲時代」

アルゼンチンでは15歳の誕生日を迎えると、親戚や友人を呼んで成人パーティーを行います。
このパーティーを行なうことで、男の子も女の子も、大人として扱われるようになります。
しかし、選挙権を持つのは18歳で、飲酒や喫煙、運転免許が取得出来るようになるのは21歳からとなっています。

アルゼンチンでは、正式な結婚をする前に、恋人と長い間交際したり、同棲する期間があります。
そして、就職や出産をきっかけに、正式に入籍するので、その時には既にカップルが子供を授かっていることも珍しくありません。


独身最後のパーティー

結婚が決まると、女性は「Despedida de la soltera」と言う独身さよならパーティーを開きます。
パーティーの内容は、一概には言えませんが、派手な服装とメイクで人目を引くような格好をして、
食事に行ったり、ダンスをしに行く場合もあるようです。


結婚式は厳かに

新郎・新婦の宗教にもよりますが、カトリックの人の場合、21時以降に教会で行なわれます。
新郎・新婦、双方の両親と結婚の証人が神父の前に立ち、神父による聖書の言葉を聞き、新郎・新婦が誓いの言葉を述べます。
その後、指輪の交換をして、台帳に自分のサインを書き込めば、結婚式は終了です。

結婚式の直後、教会を出た新郎・新婦は招待客からライスシャワーで迎えられます。
しばらく招待客たちと言葉を交わしたあと、飾りの付いた車で披露宴の会場へと向かいます。


晴れの門出はハンドメイドで

アルゼンチンの結婚式や披露宴は、晴れて夫婦になる新郎・新婦にとって大切なものではありますが、決して閉鎖的ではありません。
そして、決して必要以上にお金を使う場でもないようです。
披露宴には2次会が無いことも多く、ただ、この日を迎えた喜びを一人でも多くの人と分かち合いたいと言う気持ちが強いようです。

ですから、部屋の片付けや料理なども、出来る限りプロの手を借りずに親しい友人たちの手によって賄われるのが殆どのようです。
花嫁もドレスを新調したり、ブライダルショップからレンタルするのではなく、友人から借りたものを着込みます。
花婿も、特別に衣装を用意すると言うよりは、大切な日のために着る服を身に付けます。

披露宴は深夜0時頃から始まります。
披露宴の会場に選ばれる場所は様々で、レストランやイベントスペース、牧場の宴会場などがあります。
会場に入り、食事が終わると新郎・新婦がワルツを踊ります。
その後は、新郎と実母、新婦と実父、新郎と新婦の母親、新婦と新郎の父親がペアになって踊り、
更に両家の兄弟や親族、友人と次々にペアになる相手を変えて行き、会場にいる全員とワルツを踊ります。

ダンスの後は、新郎が新婦の着けているガーターベルトを外したり、新婦は同性で独身の女性招待客を集めてブーケトスを行います。
花嫁が投げたブーケを受け止めた人が、次に結婚すると言う言い伝えがあり、和気藹々と盛り上がります。

ケーキカットも行なわれますが、これもどこかのお店に特別に注文した品物ではなく、友人による手作りであることが殆どです。
ケーキの中には、紐の先に小さな飾りが付いた「「ソルプレッサ」と言うものが埋め込まれています。
ブーケトスと同じように、独身女性の招待客が一斉にその紐を引っ張ります。
紐の先に指輪が付いているものを引いた女性が、恋人と近々結婚すると言われていて、
カップルで披露宴に出席した人は、冷やかされますが、会場は一層盛り上がります。


新郎・新婦へのプレゼントはカタログから選ぶ

アルゼンチンには贈答品の専門店が沢山あります。
そのお店には結婚式用の贈答品がリストになったカタログがあり、
その中から新郎・新婦が希望しているものを選んで贈るのが通常となっています。

アルゼンチンでは、日本とは違い、お祝いにお金を包むというのは一般的ではありません。
新郎・新婦の両親が二人の門出を祝って、家をプレゼントするのは良くあることのようです。


メキシコ合衆国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●メキシコの結婚式事情

メキシコで見られる日本の結婚式風景

メキシコの結婚式は日本でも馴染みの深いものが多く見られます。
メキシコでの結婚式は主に教会での結婚式になります。
クリスチャンの多い国ですので、教会式は結婚式の常識となっています。

メキシコの結婚式は日本の結婚式と大差ない進行になります。
新婦の父にエスコートされて進み、新郎に渡され、神父の問答に答えて宣誓をし、指輪の交換を行って結婚式は幕を閉じます。
日本で日常的に行われているよく見る結婚式の風景ですから、何も変わったことはありません。
日本に馴染みの深いシーンと言えば、ブーケトスになります。

今ではあまり見かけませんが、昔は花嫁が後ろを向き、ブーケを投げると言うのが流行った事があります。
このブーケトスはメキシコ発祥と言われています。
正確には、新婦のベールを女性がくぐり、花嫁が後ろ向きにブーケを投げると言うもののようです。
日本では後ろ向きにブーケを投げると言う部分だけが伝わっていたようです。


メキシコの披露宴

メキシコの披露宴は日本の披露宴のように司会進行があるわけではありません。
食事と歓談に終始し、音楽に合わせてダンスを踊ると言うのがメキシコ式の披露宴になります。
メインはダンスになりますので、食事なども比較的少量のもので、あっという間になくなってしまうようです。

ダンスを踊り、新郎新婦を祝福し、歓談で時間を過ごす。
日本ではなかなか見られない光景ですが、メキシコでは当たり前の披露宴になります。
ただし、盛大、豪華というような雰囲気はなく、ホームパーティのような感覚で行われるため、大騒ぎをするような披露宴ではないようです。

食事なども少量で、サンドウィッチなど軽食が簡単に出される程度のようですから、あまり長い時間過ごすことは出来ないでしょう。



ホンジュラス共和国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●ホンジュラスの結婚式について

ホンジュラスはのんびり

ホンジュラスはアメリカ大陸中部にある国になります。
気候は温暖で、過ごしやすい環境にあり、様々な諸島を有する国ですので、観光客も多く訪れる国になります。

日本に比べるとホンジュラスの国民は非常にのんびりとした生活を送っています。
日本人からすれば、時間にルーズと思われるような生活も、ホンジュラスの国民にしてみれば常識的な日常生活でしかありません。
ホンジュラスののんびりした生活習慣は結婚式にも反映されています。
招待状に書かれている開始時間などなかったかのように遅れて結婚式が始まるなどは日常的で、
1時間、2時間ほど遅れて結婚式が始まるのがホンジュラスの結婚式になります。

ホンジュラスはキリスト教徒の多い国ですから、結婚式自体もキリスト教式の結婚式になります。
指輪の交換、宣誓と一通りの儀式を済ませれば、披露宴に移ります。
ホンジュラスの場合、教会で式を挙げる結婚式とホテルなどの会場で披露宴と合同で行う結婚式などがあります。
日本の結婚披露宴を想像すれば分かりやすいのではないでしょうか。


ホンジュラスの披露宴はダンス

日本からすれば、披露宴は行儀よく座り、司会が進めるままにスライドショーなどを見て、
余興を楽しむものと言う印象のある披露宴ですが、ホンジュラスの披露宴はダンスパーティさながらに行われます。

結婚式も終わり、披露宴会場では新婦は参加者に飲み物や料理をテーブルに運ぶ係りとなります。
日本のように高砂でかしこまっていないのがホンジュラスの花嫁です。
それぞれのテーブルに料理や飲み物を運びながら、各々の祝いの言葉をかけられます。

料理も進み、披露宴も後半に入ってくれば、いよいよダンスが始まります。
ここからはお開きまでダンスが続きますので、もはや披露宴と言うよりもダンスパーティと言った方がいいほどの盛り上がりになります。

日本のように余興などはなく、食事とダンスで締めくくられるのがホンジュラス式の結婚披露宴のようです。


ボリビア多民族国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●ボリビアの結婚式について

ボリビアのゆったりした結婚式

ボリビアはよく言えば、ゆったりとした国。
悪く言えば、時間にルーズな国になります。
ボリビアで結婚式の招待状をもらい、日時が書かれていても、日時を信用してはいけないとすら言われています。
予定開始時間を大幅に遅れて開始するのがボリビアの結婚式ですから、時間に余裕を持って、
ゆっくりと会場へ行くのがボリビア式の結婚式になります。
日本では考えられないほどにゆったりとした開始で、2時間遅れて結婚式が始まると言うこともあるようです。

ボリビアはキリスト教徒の多い国になりますので、結婚式も教会式などになります。
神に誓い、指輪の交換を行う恒例の儀式を行えば、ボリビアの結婚式は終わります。

ボリビアでは誓いをした後に婚姻の書類にサインを行います。
日本で言う所の婚姻届ですが、ボリビアでは結婚式の当日に婚姻の責任者が訪れて書類にサインを行います。


ボリビアの披露宴はダンスパーティ

結婚式が恙無く終われば、その後は披露宴になります。
日本の披露宴然としたものではなく、パーティ形式で行われるのがボリビアの披露宴になります。

披露宴が始まると、まず行われるのが祝い品の贈呈になります。
各自が持ち寄った様々なお祝いの品をお祝いの言葉と共に新郎新婦に贈ります。
お祝いで贈られる品物は、主に食器など生活に必要とされるものが一般的な贈り物として選ばれます。
中には食器棚を贈る方もいるようですから、生活に必要と考えれば、規定はないようです。

そして、祝い品の贈呈が終われば食事となるのが日本式ですが、ボリビアの場合、贈呈が終わった後から終わりまでダンスを踊ります。
開始の贈呈以降は終始ダンスですから、披露宴と言うよりも、ダンスパーティと言った方が分かりやすいかもしれません。

ダンスパーティは長時間続けられ、明け方まで披露宴が終わることがないと言うこともよくあるようです。


ペルー共和国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●ペルーの結婚式

ペルーの結婚式はキリスト教式

ペルーは南米にある国になります。
ペルー前大統領が亡命などニュースにもなっていましたので、ペルーを知っている方は多いかもしれません。
南米にあると言うこともあって、ペルーはクリスチャンの多い国になります。
そのため、結婚式も教会で挙げるキリスト教式の結婚式になります。

日本でもよく見る教会式になりますから、友人や親戚など出席をした経験のある方も多いかもしれません。
新婦がバージンロードを父親のエスコートで歩き、新郎の元に着くと、牧師の問答の後に宣誓をします。
「健やかなる時も~」と言う耳慣れた宣言になりますので、誰でも知っているものでしょう。


ペルーの披露宴では新郎新婦が忙しい

ペルーでの結婚式が終わると、日本で言うところの披露宴に入ります。
日本の披露宴は非常にスピーディに進められますが、ペルーの披露宴は日本の披露宴とは大きく異なります。
日本の場合、披露宴はスピーチと余興、新郎新婦の馴れ初めなどで進行してきます。
対してペルーの披露宴の場合、ワルツなどのダンスを踊り、盛り上がります。
余興などはなく、終始、ダンスを踊る形になりますので、日本の披露宴をイメージしている方は違和感を感じるかもしれません。
披露宴の開始と共に、新郎は出席している女性全員、新婦は出席している男性全員とワルツを踊ることになりますから、
新郎新婦は非常に多忙を極めます。

開始からダンス、そして締めもダンスとダンスに始まり、ダンスに終わるのがペルー式の披露宴になります。


●ベネズエラの結婚式について

ベネズエラと日本の結婚式の違い

日本で結婚式を行う場合、あらかじめ休みの申請などを行う必要があります。
それも、日本では結婚式は日中に行われ、夜は2次会や3次会などが行われる習慣があるからですが、
ベネズエラの場合、結婚式は夕方以降に行われます。

招待客は一日の仕事を終え、帰路についてから結婚式の出席準備を行うのがベネズエラの結婚式のスタイルになります。
ベネズエラの結婚式を一言で言うならば、レディーファーストを実践した結婚式と言えるかもしれません。
日本、あるいは海外で結婚式を行う場合、宣誓など様々な場面で男性が先にありますが、ベネズエラの場合、
全てにおいて女性が先になります。

また、披露宴などでは日本の場合には余興などで盛り上がりを見せますが、ベネズエラの場合には、
披露宴で婚姻届にサインに署名をして提出すると言うのが一般的な結婚披露宴になるようです。
こまごまとしたところで日本とベネズエラの結婚式の違いを見ることが出来ます。


ベネズエラの結婚式

ベネズエラでの結婚式はキリスト教式の結婚式になります。
そのため、花嫁はウェディングドレスを纏い、バージンロードを歩いて新郎の元へ向かいます。
日本でもよく見る光景ですから、馴染みのある方も多いでしょう。

ベネズエラでもっとも多く結婚式が開かれるのは6月、7月、12月だと言われています。
ベネズエラは日差しの強い国になりますので、比較的日差しの弱い、過ごしやすい季節に結婚式を行うのが慣わしのようです。
また、結婚式が夕方以降に行われるというのも、日中の日差しの強い時間を避けるためと言う理由があるそうです。

教会での結婚式が終われば、披露宴になりますが、ベネズエラの披露宴はとにかくダンスを踊ります。
海外の結婚式などでよく見られるダンスですが、ベネズエラも同様に披露宴でそれぞれがダンスを踊り、新郎新婦を祝い、会場を盛り上げます。
日本のように個々人が余興をするなどがありませんから、食事や歓談を行い、とにかく踊ると言うのがベネズエラの結婚披露宴であるようです。
そのため、ベネズエラの披露宴は非常に長く、披露宴が締められるのも深夜を大きく過ぎたころになる事もしばしばあるようです。



パラグアイ共和国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●パラグアイの結婚式について

パラグアイの結婚には役人の許可が必要

中南米にあるパラグアイは、ラテン系の国としても知られています。
パラグアイで結婚と言うのは、日本の結婚と多少の意識の違いが見られます。
日本では必要書類にサインをして、役所に提出した時点で受理されるものですが、
パラグアイの場合、役人の目の前で新郎新婦が署名、宣誓し、更に親族を含む数人に承認を受けて、
初めて結婚が受理されます。

日本の感覚で考えれば、パラグアイの結婚は非常に面倒な印象を受けますが、パラグアイに限らず、
どこの国でも結婚の手続きは非常に手間のかかるものになります。
それは、キリスト教など宗教的な意識の問題で、特にキリスト教などは
離婚を安易に認めないと言う教えがありますので、結婚に対する意識は日本人よりもはるかに高いものになります。

パラグアイも同様にキリスト教の多い国ですから、結婚に際しての心構えや結婚に対する意識は日本人よりも大きなものになります。


パラグアイの結婚式はワルツではじまる

パラグアイの結婚式は、役人立会いの婚姻届署名から始まります。
署名を行い、結婚が認められた後、新郎新婦がワルツの音楽に合わせて踊り、その後に招待客が女性は新郎と、
男性は新婦とワルツを踊るようになります。
パラグアイの伝統的な結婚式の風景になりますので、パラグアイであれば、どこの結婚式でも見られる光景です。

ワルツをひとしきり踊った後に披露宴が始まります。
ラテン系の国らしく、解放的な女性も多く、披露宴でのゲームなども少し間違えれば
女性陣が激怒するのではないかと思われるようなゲームもいくつか用意されています。
しかし、そこは国柄の違いなのでしょう。
パラグアイではごくごく当たり前のお遊びとして新婦も楽しんでいるようです。


パラグアイで海外挙式を挙げるために

パラグアイで海外挙式を挙げようと考えた場合、様々なものが必要になります。
パスポート、出生証明書、離婚証明書などが必要になります。
また、パラグアイでの挙式を終えた後には、婚姻証明書を発行してもらうことが出来ます。

海外挙式をする方が増えていますが、その国々で結婚に際して必要になるものは変わってきます。
パラグアイなどのキリスト教圏の場合、特に結婚に関しては厳しいものであることも多いですから、
パラグアイで結婚を考えているのであれば、上記の書類をそろえた上で、結婚式を挙げるようにしましょう。

上記書類がそろったら、パラグアイでの結婚式をするためのプランを選びます。
そこは、プランナーとの相談になりますので、気になったプランを選ぶといいでしょう。
過ごしやすいホテル、海に近いホテルなど様々な施設があります。
また、教会などもありますから、事前にある程度調べておいて、プランナーに相談をしてみるのもいいかもしれません。



バハマ国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●バハマの結婚式について

バハマでの結婚式

バハマは西インド諸島を有する国で、自然に溢れた国にでもあります。
観光地などでも知られていますから、観光目的でバハマを訪れたことのある方も多いのではないでしょうか。
綺麗な海岸を眺めながらの結婚式に憧れている方も多くいるかもしれません。

プランナーなどがバハマでの結婚式をプラニンイングしてくれる事もありますが、
バハマでの結婚が実際にどのようなものなのか分からなければ、バハマでの結婚式を挙げることは難しいでしょう。

バハマでの結婚式は、日本でも多く見られる教会式の結婚式になります。
結婚式と言えば、教会と言うイメージの強い方もいるかと思いますが、バハマでの結婚式もご多分に漏れず、教会での結婚式になります。
純白のウェディングドレスとチャペルでの式は、日本でもおなじみの結婚式になりますので、誰でも知っているものでしょう。

日本とバハマの結婚式の違いを挙げるとするなら、目の前に広がる青く澄んだ海が広がるロマンティックな結婚式になるかどうかではないでしょうか。
プランナーなどもバハマでの結婚式には、海や海岸を絡めてくるほどに綺麗な海ですので、一度は見ておきたいものです。


バハマはセレブも御用達

澄んだ青く広がる海と綺麗な海岸。
バハマは観光地としても知られる場所になります。
豊かな自然の残るバハマでの結婚式に憧れるのは、何も一般の女性だけではありません。
海外のセレブもバハマでの結婚式を望み、バハマで結婚式を挙げる方も多くいます。

有名なホテルなどで結婚式を挙げる海外のセレブも多いですが、セレブと同程度の結婚式を考えた場合、費用は桁違いになります。
しかし、セレブにも人気の高いバハマの結婚式ですから、生涯の思い出になることは間違いありません。

バハマの結婚式にはいくつかの種類があります。
様々なプランが用意されていますが、そのうちの一つがサンダルウェディングになります。
式を上げ、海岸沿いを優雅に散歩するプランですが、専属のカメラマンなどがつくため、非常に思い出深い写真を撮ることが出来るでしょう。
また、綺麗な海をバックに純白のドレスに身を包んだ女性は、非常に美しいものになるはずです。

このほか、バハマの結婚式には、バハミアンチャーチウェディングやアトランティスウェディングなどがあります。
バハマの特色を活かした素敵な結婚式ですから、バハマでの結婚式を考えているのであれば、一考の価値があります。


パナマ共和国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●パナマの結婚式について

パナマの伝統的な結婚

パナマは観光名所としても知られ、多くの方が訪れる観光地になっています。
南米にあるパナマですが、原住民による伝統的な文化などは今も根強く残されており、
結婚式などで見ることが出来ます。

パナマの伝統的な結婚式では、教会などは使いません。
会場に新郎と神父が伝統衣装に身を包み、中心に祭司のような方が歌を歌いながら、
新郎新婦の手を取り、繋ぎ合わせた後に儀式的な行為を行って結婚式が進められます。
南米にあるパナマは、気候的にも温暖で、民族衣装なども非常に薄手のものになります。

男性は腰布一枚、女性も同様に胸元を隠す布と腰布で花飾りをしての衣装になります。
水着か下着かと言うほどに薄手の衣装ですが、パナマでは当たり前の民族衣装になります。
ウェディングドレスに憧れる女性の多い日本人には想像できないような衣装ですが、
パナマの方から見れば、昔からある伝統的な衣装で、日本で言うところの和服と変わりません。

国が変われば伝統も文化も変わります。
パナマの民族衣装もパナマの古くからある伝統的なものですから、
そこでしか見ることの出来ない貴重な衣装でもあります。


パナマの結婚式で見られる伝統ダンス

パナマで結婚式をした場合、伝統的なダンスを見ることが出来ます。
日本では結婚式と言えば、司会が進め、余興などを行いますが、パナマは少し様子が変わります。
パナマの結婚式では、伝統的なダンスを踊り、新郎新婦の結婚を祝います。

広場の中心部に鷹を持ち、鷹を抱えて陽気に踊りを踊ります。
ダンスと言いながらも、派手なダンスではなく、鷹を左右に振る単純なものになります。
このダンスをしている間にご祝儀などが撒かれ、子供がこぞってご祝儀を拾うというのが
パナマの結婚式で見られる光景のようです。

その後、新郎新婦など関係者も混ざってダンスを踊り、和やかな雰囲気の間に結婚式が締められます。
日本では参列者が余興などを各々で披露しますが、パナマでは、こうした伝統的なダンスをみんなで踊るようです。


パナマの一般的な結婚式

パナマの伝統的な結婚式を行う場所もありますが、若い世代では一般的な結婚式をするという
カップルも少なくありません。
日本で見られるような教会の結婚儀式ですから、世界共通の結婚式だと言っていいでしょう。

パナマでの教会式は比較的質素なものになります。
小さな祭壇で神父が進行し、新郎と新婦が互いに誓い、結婚の儀式を執り行います。
大きな教会であれば規模も変わってくるでしょうが、一般的にパナマで行われている結婚式は
日本で見られるような結婚式とは少し違うようです。
小規模の屋内で各々が祝いの言葉を投げかけ、式の最中に陽気に新郎新婦を祝う姿は
日本では見ることが出来ない光景でしょう。

ラテン系のパナマだからこその陽気な結婚式だと言っても過言ではありません。
日本は格式や形式と言った形に囚われることが多いですが、
ラテン系の場合、陽気、楽しむと言ったことが優先されるようで、祝いの席はとにかく楽しくと言う雰囲気が伝わってきます。


ハイチ共和国

| コメント(0) | トラックバック(0)
●ハイチの結婚式について

リゾート地での結婚式

ハイチと言えば、リゾート地としても知られる綺麗な海のある国です。
現地の住民もリゾートに訪れる観光客と和気藹々と談笑する風景も日常の一幕になっています。
そんなリゾート地での結婚式が気になると言う方も多いでしょう。

ハイチはアメリカ大陸にある国ですから、キリスト教式の結婚式になります。
バージンロードを歩き、神に誓い、神の祝福を受ける。
それがハイチの一般的な結婚式になります。
リゾート地と言うこともあってか、ホテルなどは海沿いに面した場所にあるため、式場なども付近に多く、
海を見ながらの挙式と言うこともあるようです。

海外挙式も増えていますが、なかなか大人数での挙式は難しいのが現実です。
ハイチでの結婚式も他の海外挙式と同様に親しい身内だけの結婚式と言うのが一般的であるようです。
とはいえ、厳かな雰囲気の教会式ですから、大人数でと言うよりも、身内だけで済ませると言うのもいいものかもしれません。


ハイチと日本の結婚式の違い

ハイチはキリスト教の多い国になります。
そのため、結婚式もキリスト教に則った教会での結婚式が一般的なものになります。
対して日本は伝統的な結婚式と言えば、神前式があります。
神社で行う結婚式ですが、神の前で誓うと言う意味では、ハイチも日本も同じようなものだと言えるでしょう。

キリスト教の場合、キリストに誓いをするのではなく、キリストを使わした「主」に対して誓いをすることになります。
キリスト教は一神教ですから、「主」以外の存在はありません。
日本の場合、神前式では神道での式になりますので、一言に神と言っても様々なものがあります。
主に神前式での神は、その土地土地にいる土地神を指し、土着信仰の神々に対して祝言を挙げるようになっています。

一神教と多神教の宗教の違いで結婚式も大きく変わります。
国によっても結婚式の有り様は変わりますから、それぞれの国の結婚式を見てみると言うのも面白いものです。


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち中南米カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは南アジアです。

次のカテゴリはアフリカです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

  • 地図から探す
  • 宗教圏から探す
  • アカサタナ順で探す

ページの先頭へ