コロンビア共和国

●コロンビアの結婚式

コロンビアの国とは

コロンビアは、南アメリカ大陸の北西部に位置する国で、宗教は大半の国民がキリスト教徒(約95%)で、その内、カトリック教徒が90%と多くなっています。

コロンビアの結婚式への招待は夫婦での出席が一般的となっています。
結婚式のために祝儀のお金、またはプレゼントはコロンビアでは少額で済みます。
そのため、何度、招待されて出席しても大きな負担になりません。

コロンビアの結婚式の特徴

コロンビアでは、結婚式は夕方5時位から行われ、その後、披露宴が深夜まで続きます。
結婚式は、カトリック様式の厳かなムードで進行して行きますが、日本での進行とは大きな差はありません。

披露宴は、深夜遅くまで続くので子供のいる人でも、子供を預けて夫婦二人の参加をして披露宴を子供を気にすることなく長時間楽しみます。
コロンビア人は踊りが好きなので、新郎新婦や友人のスピーチやケーキカット、食事などが一通りの儀式が行われた後は、ダンスタイムが続きます。
披露宴が19時頃から始まって、深夜2時前後に終了するまで踊り続けています。

中には、自分自身の楽しみをために新郎新婦はさておいて踊りを楽しんでいる雰囲気伺えます。
年齢に関係なく踊るので、根っから踊りが好きな国民性によるものでしょう。
尚、早い時間に失礼しても特に大きな失礼にはならないようです。


  • 地図から探す
  • 宗教圏から探す
  • アカサタナ順で探す

ページの先頭へ