ウズベキスタン共和国

●ウズベキスタンの結婚式について

ウズベキスタン国の概要

ウズベキスタンは、中央アジアに位置し、旧ソビエト連邦の崩壊後、独立した国です。
イスラム教を信仰する人が多いですが、厳しい戒律を守ることはなく、衣食に関して規制は緩やかですが、
一部の保守的な地域では、厳しい戒律を課しています。


イスラム式結婚式

結婚式が重要でないという国はありませんが、ウズベキスタンでは他の国よりも重要な儀式になっており、
お祝いが盛大に行なわれます。
イスラムの戒律は緩いと言われるウズベキスタンですが、男性、女性、別々のテーブルに着席します。
 
既に料理はセットされているので、新郎新婦を待つ間、食べても良いことになっています。 
新郎新婦が入場すると、結婚式の行事がはじまり、役所に提出する書類に新郎新婦、証人がサインをする他、
定番の指輪の交換が行なわれます。


ウズベキスタンの結婚披露宴

結婚式の行事が滞りなく終わると、晴れて夫婦として認められた2人を親戚や友人が抱擁し祝福します。 
その後、来賓挨拶、新郎新婦からそれぞれの両親へ花束贈呈が行われます。
両家の親族全員が、スピーチを終えると、後は、出席者による踊りによって祝福が延々と続きます。

新郎新婦も一緒にみんなが踊る中に入ります。
結婚披露宴ではなく、ディスコのような雰囲気に会場がなって結婚式の夜は更けていきます。


  • 地図から探す
  • 宗教圏から探す
  • アカサタナ順で探す

ページの先頭へ