北朝鮮

●北朝鮮で恋愛結婚の増加

北朝鮮の国の概要

北朝鮮は、朝鮮半島の日本寄りに位置する国で正式名称を朝鮮民主主義人民共和国といいます。
皆さんもご存知の通り日本とは国交も無く、北朝鮮人民の暮らしは
ベールに包まれている部分が多数あります。

朝鮮民族の単一国家で、首都はピョンヤンです。
儒教・天道教・キリスト教・仏教などの宗教などがありますが、信教の自由はありません。


北朝鮮での結婚式の時期

北朝鮮での結婚式は、一般的に親族の話し合いや職場の上司の勧めなどでのお見合い結婚が多いのですが、
特に農村部や農作業に動員される人たちは、農作業時期忙しいので、
11月か田植えなどが始まる前の3月ぐらいに結婚式が集中します。

この季節になると、特に農村部では結婚ラッシュになりますが、派手な結婚式というのは見られません。


都市部では恋愛結婚が増加

ピョンヤンなどの都市部では、季節に関係しない結婚も多く見られますが、党の指導のもと、晩婚化が勧められてきました。
近年、恋愛結婚が増えてきたことにより若いカップルが増えてきています。

党幹部などの富裕層の結婚式では、ピョウヤン市内にある結婚式場などで大々的に
結婚式を行うこともありますが、農村部などでは食事も簡素で写真を撮るだけ
という結婚式も珍しくありません。


北朝鮮の結婚式は短い

北朝鮮富裕層の結婚式自体は、韓国の伝統的なチマチョゴリなどを着て行われます。
日本とは違い、北朝鮮や韓国の結婚式は30分程で終わって食事をして帰ると言うのが一般的なようです。

北朝鮮や韓国の結婚式では、芸能人のように新郎新婦が色々な格好をして写真撮影することもありますが、
一般的な招待客などはさっと食事に向かうことが多いです。

北朝鮮では豪華な結婚式を行えるのはごく一部の人に限られているのです。


厳しい北朝鮮の現状

基本的に北朝鮮以外の人との恋愛は禁止で、おとなりの韓国人との結婚さえも脱北しないと無理でしょう。

多くの国民が食べ物に困っている北朝鮮ですので、お祝い事である結婚式も
祝っていられないというのが厳しいですが、現状のようです。

世襲が続く北朝鮮では、いつまでこのような状況が続くのかお隣の国なので気になりますが、
体制が変わらない限りは、幸せな結婚をするカップルも少ないのかもしれません。



  • 地図から探す
  • 宗教圏から探す
  • アカサタナ順で探す

ページの先頭へ