クロアチア共和国

●人気の海外旅行国クロアチアでの結婚式

クロアチアの国とは

クロアチアは、旧ユーゴスラビアから、独立した国で東ヨーロッパのバルカン半島、イタリアとは、海を挟んで東側に位置する国です。国民の約9割をカトリック教徒が占めています。

人気の上がっているクロアチアで結婚式

クロアチアは近年、海外旅行をする国として人気が高まっています。
少し前には、戦争があってとても、このような国で結婚式を行うことは考えられませんでしたが、現在では、日治安も経済状態も日本並みに良くなっています。
世界遺産や無人島での結婚式など希望に合った場所でのユニークな結婚式を挙げることが可能になっています。

そんなクロアチアで結婚式を行うには、本来は、厳格・敬虔なカトリック教の国ですから、カトリック教徒でないと結婚式を挙げられないのが一般的です。しかし、中には、結婚式を挙げられる教会もあります。
また、教会でなくても、テラスのような場所を利用しての結婚式も可能です。
クロアチアで一番のお勧めの結婚式会場は、首都のザグレブより車で約1時間のところにあるクロアチア一美しいと言われるトラコシチャン城です。
いわゆる森と湖に囲まれたシャトーです。その敷地内のチャペルはとてもロマンチックな佇まいを見せています。

クロアチアの結婚事情

日本と同じく結婚をするなら人気の月は6月とクロアチアでもなっています。
この時期は、ザグレブ旧市街の市庁舎では、新しいカップルが続々と誕生しています。
教会でなくても、許可を得ることで、公園などでも行うことができます。

クロアチア人の結婚式は、深夜を過ぎて翌日の早朝まで披露宴が続くので、土曜日の午後もしくは夕方から始まるのが一般的です。
スピーチや余興はあまり行われず、出席者は皆、踊りまくるのが原則です。
朝の4-5時まで続くこともあると言われています。
ウェディングケーキのカットも深夜に行われます。


  • 地図から探す
  • 宗教圏から探す
  • アカサタナ順で探す

ページの先頭へ