フィンランド共和国

●フィンランドの結婚式について

フィンランドでの結婚準備も日本と同じ

フィンランドと言えど、そこには親がいて、子がいることに変わりはありません。
どこの国でも子の幸せを願い、子の幸せのためにあらんとするのはフィンランドも日本も同じようです。
結婚式と言えば、男性にとっては面倒なもの、できればやらなくてもいいものと言う認識ですが、
女性にしてみれば、一大イベントになります。
生涯の中でも特に大きなイベントですから、しっかりと準備をしておきたいと考えるものです。

フィンランドでの結婚式は教会での式になります。
そのため、ウェディングドレスなどの手配が必要になりますが、新郎新婦で選ぶのもいいでしょう。
新郎の好みに合わせてと言う方もいるかもしれませんが、やはりそこは女性の理想でもあるウェディングドレスですから、
自分の好み、女性から見た感覚が大切なようです。
フィンランドでのウェディングドレス選びもお姑さんや実母と選びに行く方は多くいます。

日本ではウェディングドレスはレンタルの方が安いと言うイメージですが、フィンランドの場合はレンタルも購入も
大差ない程度の価格差であるため、ほとんどの方はドレスを買います。
思い出に残る衣装ですから、自分で買う、あるいは実家に受け継がれるドレスを着ると言う風習があるようです。


フィンランドの披露宴はとにかく長い

日本の披露宴と言えば、長くても4時間程度。
早ければ2時間程度で切り上げると言うのが一般的な披露宴になります。
しかし、フィンランドの披露宴は日本の披露宴の比にならないほど長い時間披露宴を行います。
時間にすれば6時間以上もの間、披露宴を行うのがフィンランドの慣わしのようです。

日本で6時間も披露宴をしろと言われた場合、相当にグダグダとした披露宴になるかもしれません。
スピーチなどがメインになっている日本の披露宴ですが、フィンランドの披露宴の場合、
食事やゲームなど様々な催し物も準備されているため、それほどに退屈のしない披露宴になっているようです。
また、披露宴の最中の歓談なども多くありますので、気がつけば数時間が経過していると言うのがほとんどになっています。

楽しい時間はあっという間に過ぎていくのは、どこの国でも同じですが、
フィンランドの場合はゆったりとした時間を過ごす楽しさを知っているからなのかもしれません。


  • 地図から探す
  • 宗教圏から探す
  • アカサタナ順で探す

ページの先頭へ