ルクセンブルク大公国

●ルクセンブルクの結婚式

ルクセンブルクの概要

ルクセンブルクはヨーロッパの西部にある国になります。
フランスの隣国で、ベルギー、オランダと併せてベネルクスと呼ばれる小国の一つになります。
ヨーロッパ諸国にあるようにルクセンブルクはキリスト教徒の多い国になります。
そのため、ルクセンブルクでの結婚式はキリスト教式の教会式がルクセンブルクの結婚式となります。


ルクセンブルクのホームパーティ形式の披露宴

格式高い教会などでキリスト教の作法に則った厳かな結婚式を挙げるのがルクセンブルクの結婚式のならわしのようです。
結婚式自体は日本でもよく見る教会式になりますから、誰もが知るところでしょう。

日本では結婚式を行った後に披露宴を行いますが、ルクセンブルクの披露宴は主に会場や自宅の庭などで行われることが多くなります。
また、ルクセンブルクには披露宴と言うものは基本的にはなく、結婚式がそのまま披露宴になっている形になります。

日本の披露宴のように余興を行うなどはなく、終始歓談と食事などで勧められます。
ヨーロッパなどで見られるように披露宴と言う感覚がなく、ホームパーティ形式での披露宴になりますので、
ルクセンブルクの披露宴も非常に和やかな雰囲気で始まります。

招待客は新郎新婦をからかい、キスを求めたりといった風景は日本でもよく見る光景でしょう。
新郎新婦の仲のよさを見たいと言うのは、ルクセンブルクも日本も変わらず、万国共通なのかもしれません。


  • 地図から探す
  • 宗教圏から探す
  • アカサタナ順で探す

ページの先頭へ