セルビア共和国

●セルビアの結婚式について

セルビアの結婚式って?

セルビアの結婚式ってどんな感じなのでしょうか?
国が違えば風習も違い、文化も伝統も違うわけですからセルビアの結婚式と日本の結婚式では、
似たところもあれば違ったところもあって当然と考えられますね。


セルビアの結婚式にかかる時間

日本の結婚式とセルビアの結婚式の違いでまず最初に気づくのは、結婚式にかかる時間です。
日本の結婚式にかかる時間が平均すると2時間から3時間である事に対し、
セルビアでは来客者や参加者が帰るまでとなっています。

ですから、いつまでといった決まりはなく、みんなが居る間が結婚式をしている間となるわけですね。
なんともセルビアらしい結婚式です。


結婚式の楽しみ方の違い

日本の結婚式では、食事をいただきながらお互いの生い立ちについて聞いたり、
結婚をするに至った経緯を聞いたりしたのち、余興やビンゴ大会などで盛り上がる事が多いですね。

一方、セルビアはと言いますと、結婚式が始まるとほとんどが音楽を聞いたり歌ったり、奏でたりして過ごします。
そうしているうちにたくさんの人たちが集まり歌を始めたり、ダンスを踊ったりするのです。
セルビアでは結婚式が行われている間、何時間でも音楽を楽しみ踊りを踊っている事は珍しくありません。

日本では考えられない光景かもしれませんが、セルビアの結婚式に参列されている方は
みなさんこうやってダンスを心行くまで楽しんでいるのですね。


結婚式で問題になっている事

実は、セルビアの結婚式の風習でセルビア国内でも問題視されている事があります。
セルビアでは結婚式などのお祝いごとの際に空に向かって祝砲を撃つ習慣があるのですが、
その銃弾が偶然空中を飛んでいたセスナ機に当たり撃墜してしまう事があったそうです。

これを経て、政府は注意を呼び掛けているのですが、なかなかこういった事故が無くならないのが現状のようです。
せっかくの2人の門出ですから、事故なく最後まで楽しい結婚式を送ってほしいものですね。


  • 地図から探す
  • 宗教圏から探す
  • アカサタナ順で探す

ページの先頭へ