スペイン

●情熱の国スペインの結婚式

スペインの結婚式の特徴

スペインは、キリスト教のカトリックが94%と大多数を占めています。
尚、カトリックは宗教的には避妊禁止、同性婚禁止ですが、スペインでは社会的にはそれを許容するという宗教と分離した政策が取られて国民を受けいれている点がスペインの宗教事情です。
必然的に結婚式はカトリック様式で執り行われます。

結婚式は、カトリックの様式で行われるので、ほぼ日本と同じようなスタイルで進行します。
異なるのは、一般的に結婚式が夕方から始まり、披露宴の終了が深夜を回ること、および出席者が新郎新婦と両方の頬にキスをすること、教会の人が寄付を募って出席者の間を回ること位でしょうか。
そのため、出席者する場合は1ユーロ程度の小銭を用意しておく必要があります。

スペインの披露宴では、新郎新婦の席には、一般的にそれぞれの両親が同じテーブルにつきます。
披露宴での違いは、料理の量が多いこと、時間が長いことです。

スペインで結婚式するならこの場所

スペインで日本人が結婚式を挙げるとしたら、たくさんお勧めの場所がありますが、特にお勧めなのは、バルセロナにある世界遺産にも指定されているバルセロナ市外北部の山の手にあるグエル公園です。
ここはスペインが生んだ鬼才アントニオ・ガウディが手がけたことで有名です。
バルセロナ市街を眺めての挙式が可能です。

もう一つは、同じく海をモチーフとしてアントニオ・ガウディによって作られた斬新なデザインのアールヌーボー調の邸宅であるカサ・バトリョです。

こんな結婚式会場はスペイン以外には考えられません。


  • 地図から探す
  • 宗教圏から探す
  • アカサタナ順で探す

ページの先頭へ