サウジアラビア王国

●サウジアラビアの結婚式はアラビアンナイト

サウジアラビアの国の概要

サウジアラビアは、国王が絶対君主制国家で、世界一の原油埋蔵量を誇る中近東に位置する国です。
宗教は、宗教はイスラム教が国教であり、国民が他の宗教を信仰することは禁じられています。
またイスラムの教義の厳しさは、1日5回のお祈りが必要で、その時間には全ての店が閉店するほど徹底されています。また、女性は自分の家から一歩でも外に出るときは、黒装束と黒のスカーフを身につけなければならないとされています。
サウジアラビア国籍を外国人が取得する際にも当然、イスラム教への改宗が義務付けられているほどの厳格なイスラム教国家です。

サウジアラビア結婚式は男女別々

そんなサウジアラビアの結婚式は、当然イスラム教の様式で行われます。
イスラム教の厳しさで、結婚式では男女が分離され、相互に行き来することすらできません。

国での結婚式には暑さを避けるためでしょうか、なんと夜10時に開始されとことが多いようです
当然、外国人が夫婦で出席しても、男女別々の会場になることになります。

会場内では、10時を大きく過ぎた11時半頃になってようやくテーブルに通されます。
音楽や踊りもなくただ、食事と会話をしているだけで、時間がどんどん経過します・

他の参列者も食べ終わった深夜1時過ぎ頃になると、仕事がある人は、三々五々帰っていきます。

盛り上がる結婚式は女性側のみ?

一方、女性のみの会場では、音楽、歌、踊りなどがあり賑やかに行われます。

日本の結婚式で良く行われる新郎と新婦やその家族の写真のスライド・ショーや新郎新婦が登場して、カメラやビデオで取ったりします。
新郎は例外で女性の会場に入れるようです。


  • 地図から探す
  • 宗教圏から探す
  • アカサタナ順で探す

ページの先頭へ