トルコ共和国

●トルコでの結婚式について

トルコには前夜祭がある

国際結婚が増えていますが、伴侶となる方の地元海外での挙式をと考えている方も多いようです。
日本国内での結婚式もいいものですが、思い出深い結婚式を考えれば、やはり海外での結婚式はいいでしょう。
日本とトルコは密接な交友関係にあり、トルコ人には親日家も多いと言われています。

トルコと日本の結婚式には大きな違いがあります。
日本での結婚式の場合、流れとしては、披露宴、結婚式、2次会と言う流れになることがほとんどです。
神前式の場合には、若干の変更もありますが、概ね違いはありません。
いずれも結婚式当日に行う事になりますので、時間も限られると言うのが日本の結婚式の印象になります。

対して、トルコの結婚式は当日で終わるものではなく、前夜祭と言われるものがあります。
結婚前夜祭とも言える「ヘナの夜」と言う前夜祭ですが、一般的には花嫁と親族女性が集まり、ヘナの儀式と言われる儀式を行います。
形式的な儀式ですので、今では男性も混ざっての前夜祭になることが多く、お祭りの前夜祭と言った体で楽しく過ごすような形になります。
陽気な音楽とダンス。
誰もが若い男女の新しい門出を祝うために参加します。

ヘナの夜としての儀式では、伝統的な衣装に着替えた花嫁が次々と登場する男性の求婚を断り、
最後に登場する花婿の求婚を受けるという儀式になります。
トルコ特有の伝統的な儀式ですので、トルコでの結婚であれば、ほとんどの場合で見ることの出来るものです。


トルコ人はおおらか

ラテン系民族特有のおおらかさと言うのか、トルコ人は非常にゆったりとした時間を過ごしています。
民族性の違う日本人からすれば、時間にルーズとも取れるかもしれませんが、トルコ人では、ごくごく当たり前の日常的な事であるようです。

結婚前夜祭の2日目には日本で言われる披露宴が行われますが、予定開始時間を守るトルコ人はほとんどいません。
大幅に遅れて始まるのが、トルコの披露宴になります。

トルコの結婚披露宴は、日本の披露宴のような堅苦しいものではなく終始和やかに進む一つのパーティのような雰囲気があります。
新郎新婦のダンスに始まり、参加者も一緒にダンスを踊りながら盛り上がります。
形式ばった披露宴ではなく、あくまでも新郎と新婦の門出を祝うための前夜祭としてのスタイルがトルコの披露宴になります。
とはいえ、トルコの披露宴も日本同様にケーキカットやファーストバイトなどは行います。

ゆったりとした時間を過ごし、陽気な音楽とダンスを愛するトルコならではの楽しい披露宴になります。
日本では祝い金として現金を送る習慣がありますが、トルコの場合には現金ではなく、金を送るようです。
現金よりも金の方が安定した価値を持っているという事なのかもしれません。


トルコと日本の結婚式の違い

日本の結婚式は格式や形式を重んじる傾向にあり、家と家の繋がりを重視する印象があります。
また、民族性か、時間に非常にうるさく、進行なども1分単位で進められるため、時にせかせかとした印象を受ける事もあります。
世界の中でも日本人は時間にうるさいと言われるほどに時間にシビアな民族なのでしょう。
日本は多文化が入り混じり、他宗教国家でもありますので、伝統的な神前式からキリスト教式の教会式などが
主な結婚式のスタイルとして利用されています。

対してトルコでは、ヘナの夜と言われる前夜祭から始まり、披露宴を経て結婚式が終わります。
トルコの伝統的な結婚式では、神の前での誓いなどはせず、新郎新婦の右手小指にヘナを塗る儀式をもって結婚の証とします。
伝統的な結婚式であるヘナの夜は前夜祭から儀式の当日の2日間にかけて行われ、
思い思いのダンスや音楽で新郎新婦の門出を祝う形式がトルコの結婚式になります。
新郎新婦の右手小指に塗られたヘナは、参加女性陣の左手小指にも塗られます。
日本で言うところのブーケトスのようなもので、小指に塗られるヘナが新郎新婦の幸せを呼び込み、
自身も幸せにあやかる事が出来るおまじないになっています。

文化の違いで、結婚式と言うものも大きく変わります。
それぞれの土地の結婚式は、それぞれの国の文化や歴史のある伝統的な行事ですから、
トルコと日本の結婚式の違いを知ることも結婚を考える大きなきっかけになるはずです。


トルコのウェディングドレスは赤い

ウェディングドレスと言えば、純白のドレスを想像する方も多いでしょう。
純白のウェディングドレスに憧れている女性も多いですが、トルコにはウェディングドレスと言うものは基本的にはありません。
伝統的な結婚式であるヘナの夜で行われる結婚儀式での花嫁の衣装は伝統的なトルコの民族衣装と真っ赤なベールになります。

白装束に慣れている日本人からすれば、赤いベールや赤い民族衣装などは馴染みのないものですが、
トルコ人には古くから使われている結婚のための衣装になります。
ヘナの夜と言う名前からも分かるように、トルコではヘナは神聖なものとして扱われています。
そのヘナを儀式では新郎新婦の小指に塗り、二人の小指を赤く染めます。
赤はトルコにとってはおめでたい色の象徴でもあります。
日本でも紅白幕などがありますから、赤はお祝いなどに使われる色としてのイメージはありますが、
トルコでは、赤をメインのお祝いの色として使っているようです。


トルコの結婚観

近代化が進み、都市部ではなかなか見られることのなくなったトルコの古い習慣の一つに結婚に関するものがあります。
日本にも通じる部分は多々ありますので、日本と比べてみるのも面白いでしょう。

トルコの結婚では、配偶者が何かしらの事故や病気などで他界した場合、配偶者の兄弟姉妹との婚姻が認められています。
男性が亡くなった場合には男性の兄や弟、女性が亡くなった場合には女性の姉や妹と婚姻する事で、
その子供を守るという意味があるようです。
日本でも古くは未亡人を次の跡取りの嫁として迎える風習がありましたから、
家を守る、家族を守るという意味では通じるものがあるのかもしれません。

近親婚に関しては日本とは少し変わります。
日本の場合、三親等との婚姻は認められていませんが、トルコの場合、それに加えて乳母兄弟との婚姻も禁止されています。
これは、乳母兄弟も乳母を里親として考え、家族としているために禁止されているようです。
しかし、最近では粉ミルクなども豊富にありますので、今では乳母に乳をもらうと言う事もほとんどないようです。

これらはトルコの中でも一部の地方に残る結婚の風習の一つになります。
都市部ではほとんど見られることのなくなった風習ですから、トルコの中でも珍しいものなのかもしれません。


  • 地図から探す
  • 宗教圏から探す
  • アカサタナ順で探す

ページの先頭へ