ミクロネシア

●ミクロネシアの結婚式

ミクロネシアの概要

ミクロネシアは様々な島が集まる諸島郡になります。
ミクロネシア連邦国として知られ、ミクロネシアと一言で言っても、様々な島がありますので、一概にどこがミクロネシアなのかは難しくなります。
リゾート地として知られているミクロネシアですから、気候も温暖で過ごしやすい環境にあり、日々様々な国の方が観光に訪れる国でもあります。


ミクロネシアでは事実婚が主流

世界には様々な結婚式があり、結婚のスタイルも宗教や文化によって大きく変わってきます。
ミクロネシアも独自の文化を持ち、結婚と言うものに対しても独自のスタイルを持っています。
日本では、結婚と言えば婚姻届を提出して、晴れて夫婦として認められるものですが、
ミクロネシアの場合、結婚に際しての手続きなどは一切ありません。

男女が一緒に暮らし、周囲に認知されれば、それは夫婦として認められると言うことになり、
事実上の婚姻関係が成立していると言うことになります。
日本にあるような婚姻届などの書類はなく、あくまでも男女が一緒に暮らすと言うことが条件で婚姻が認められます。

そのため、ミクロネシアでは結婚式などの儀式なども大仰なものは行わず、質素に結納に近いものを執り行う程度で婚礼の儀式が終わります。
ミクロネシアと言えば、石のお金で知られる国ですが、今現在も石のお金は土地売買や結婚式の際の結納で使われていると言われています。
ただし、ミクロネシアの中でも都市部などは教会での近代的な結婚式を行っている事もありますので、
古い伝統的な結婚スタイルをとっているのは比較的地方のミクロネシアの島になります。


  • 地図から探す
  • 宗教圏から探す
  • アカサタナ順で探す

ページの先頭へ