インド

●インドの結婚式は足掛け一週間

インドの概要

インドの正式名称はインド共和国で、10億人を超える国民は多様な民族、言語、宗教によって構成されています。

宗教的には、ヒンドゥー教徒が最も多いため、それによって定められた「カースト制度(身分制度)」の影響が現在も色濃く残っています。
ヒンドゥー教徒の次に多いのがイスラム教徒で、それに、キリスト教、シク教、仏教などの信仰を持っている人たちがいます。


披露宴会場まで、パレードする

インドでは結婚式の前に披露宴が行なわれます。
始まる時間は深夜ですが、発電源を積んだトラックが先頭になり、自宅から披露宴会場までを練り歩く行列を取り囲みます。
その後ろからは、マーチングバンドが大音量で演奏しながら続きます。
その時、新郎は、マハラージャの衣装に身を包み、先頭付近で白馬に跨っています。

披露宴会場に着くと、ノンストップで、新郎・新婦を含めた老若男女がダンスを踊り続けます。
今ではそれほど多くないようですが、屋根からお金を撒いて結婚を祝うこともあるようです。


深夜に行なわれる結婚式

披露宴が終了すると、夜中に親族や親戚だけが残り、屋外で僧侶を待ちます。
お坊さんが来ると、ヒンドゥーの一節を読み、新郎・新婦の額に赤い染料と米を付けます。
これには、「食べ物に困らないように」と言う祈りが込められています。

式が終了すると、親族、親戚が集まって会食します。
この時に、新郎と新婦は互いにご飯を食べさせ合う儀式を行ないます。

ほぼ徹夜状態で行なわれる披露宴と結婚式ですが、この後にも、新郎のターメリックの儀式や、
女性の親族だけが集まって行なうダンスパーティーなどがあり、この一週間の様子は全て録画・編集され保存されるそうです。


  • 地図から探す
  • 宗教圏から探す
  • アカサタナ順で探す

ページの先頭へ