カンボジア王国

●カンボジアの結婚式

伝統的なカンボジアの結婚式

カンボジアの結婚式はキリスト教式ともイスラム教式とも違う、独特な結婚式になります。
国が変われば文化も変わり、結婚式も大きく変わるものです。
カンボジアの結婚式は新郎親族の行列から始まります。
贈答品を並べ、新婦の自宅から100m程度離れた距離の場所に整列をして並び、花嫁親族の呼びかけを待ちます。

新婦の親族に呼びかけられた後、朝食を共に食べることになります。
その後、親族のみで結婚の儀式を行うことになりますが、ここは親族のみしか入室することが出来ないため、
どのような儀式を行っているのかは分かりません。
カンボジアで結婚式をした本人にしか分からないものでしょう。

この一連の流れが日本で言うところの結婚式に相当します。
教会で誓いのキスや指輪の交換を行うような儀式的なものが上記の儀式になります。
午後からは披露宴になり、介添人を伴って親族や友人知人に囲まれ、アヤイと言われる掛け合いが始まります。
内容は漫才に近いもので、カンボジアでは比較的古典的な笑いになるようです。


かつての日本の結婚式と似ている

日本とは大きく違った結婚式になりますから、なかなか想像できない方もいるかもしれません。
自宅で結婚式を行うということ自体が信じられないと言う方もいるかもしれませんが、
かつての日本も祝言と言って、自宅で式を挙げるのが一般的な結婚式だった時代もあります。
今では自宅での婚姻の儀などは日本で行っているところはほとんどなく、
結婚のお披露目会などのように近所の住民を呼び、お祭り騒ぎをする程度のものがほとんどになります。


  • 地図から探す
  • 宗教圏から探す
  • アカサタナ順で探す

ページの先頭へ